パソコン用の画 スマートフォン用の画像
  • Picture What’s Possible(可能性を自由に想像してみよう)

    ディズニーは、より明るく持続可能な未来を目指し、グローバルで環境フットプリントの削減、野生動物とその生息地の保全、そして行動を喚起するような物語の創造などを進めており、この取り組みを「DisneyPlanetPossible(ディズニー・プラネット・ポッシブル)」と呼んでいます。
    4月のアース月間に、私たちの地球について様々なコンテンツやイベントなどで学び、何ができるかという可能性を一緒に自由に想像してみましょう。感想コメントやみなさんが考える地球の未来に希望が持てる写真などをハッシュタグ「#DisneyPlanetPossible」を付けて投稿していただき、DisneyPlanetPossibleに参加してください。

    2020年末、ディズニーは、2030年に向けて、気候とエネルギー、水と海洋、廃棄物、材料、サステナブルなビルディングデザインの5つの分野に重点を置いた、新しい意欲的な目標を発表しています。発表の詳細はこちら(英語のみ)をご覧ください。

  • REVIVAL ZOO 再生動物園

    逢いたかったんだ。君にずっと。
    あの絶滅動物が7日間、東京・渋谷で復活。
    時を超えデジタルインスタレーションで蘇る。


    “地球環境について考える日”として提案された記念日「アースデイ」にあわせ、絶滅動物たちが渋谷に現れ、会場に来てくれた皆さんの動きに反応したり、一緒に記念写真を撮ったり、まるで目の前にいるかのように触れ合えます。もう地球から消えてしまった絶滅動物たちに出会い、ふれあい、メッセージを送ってみませんか?
    ぜひアースデイに遊びに来てください。


    場所 MIYASHITA PARK 4階 渋谷区立宮下公園
    会期 2022年4月18日(月)〜4月24日(日) 11AM-9PM 入場無料

  • アースデイ月間をお祝いしよう!

    ディズニープラスでは、ナショナル ジオグラフィックの映画、シリーズ、スペシャル番組などはもちろんのこと、地球の驚異や感動がおうちで体感できるコンテンツが盛りだくさん!

    4月22日のアースデイに合わせ、
    ディズニーネイチャーシリーズ最新作『ディズニーネイチャー/ホッキョクグマの子育てサバイバル』ナショナル ジオグラフィック『エクスプローラー 世界最後の秘境テプイ』、『ビッグ・リトル・ファーム リターンズ』などの新作を日本独占配信。

    地球のことを考えるアースデイをきっかけに、壮大な世界を映し出す数々の作品を見放題で楽しみ、地球探求の旅へ出かけよう!

  • アースデイ with ナショナル ジオグラフィック

    4月22日の“地球環境について考える日”として提案された記念日「アースデイ」に、地球上の知られざる秘境や絶景、驚きにみちた生きものの生態など大自然の素顔を紹介したナショナル ジオグラフィックの番組を配信・放送します。今回ナショジオ作品を展開するのは、スカパー!やCS放送などでお楽しみいただける「ナショナル ジオグラフィック」、「ディズニー・チャンネル」、「ディズニージュニア」、「FOXチャンネル」、また「ディズニープラス」など5つのプラットフォームです。

  • 環境によりやさしい、ミッキーデザインの電気小型トラック

    ディズニーフラッグシップ東京では、環境に配慮した取り組みの1つとして、千葉の商品倉庫から店舗までの輸送を、走行中に二酸化炭素(CO2)を含む排出ガスを出さない電気小型トラックで行っています。電気小型トラックはバッテリーに電気を蓄えて、モーターで動くので走行音がとても静かです。走行時には、問題となっている二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)を 排出しないので、より環境に優しい輸送を実現できます。

  • Disney VoluntEARSで貢献するアース月間

    ディズニーのボランティア活動「Disney VoluntEARS」は、4月2日に花壇整備として雑草除去と花がら摘みをしました。青空の下、広々とした空間で大地と植物に触れ合う有意義な時間を、キャストメンバーとそのご家族・ご友人を含む総勢80名で過ごしました。

    「みんなが喜ぶ花壇を作りたい」「子供が土に触れる機会がないので、この活動がいい学びになってほしい」「みんなと貢献できたのが嬉しい」「また参加したい!」―活動終了後には、参加者の方はこんな感想を口に、笑顔で帰路に着きました。

    久しぶりに対面で会うキャストメンバーのみなさんと、アース月間らしい活動が出来た素晴らしい一日でした。