作品情報

ディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」が実写映画化
プーさんと大人になった親友クリストファー・ロビンとの再会と奇跡の物語

イントロダクション

「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」くまのプーさんと大親友の少年クリストファー・ロビンが交わした約束と、一緒に過ごしたかけがいのない日々との永遠の別れ──。
ロンドンを舞台に、主人公の大人になったクリストファー・ロビンと、100エーカーの森を飛び出したプーさんと仲間たちが繰り広げる物語。親友プーさんとの奇跡の再会によって、クリストファー・ロビンが、忘れてしまった「本当に大切なモノ」を思い出す感動のドラマ。

ストーリー

少年クリストファー・ロビンが、“100エーカーの森”に住む親友のくまのプーや仲間たちと別れてから長い年月が経った──
 大人になったクリストファー・ロビンは、妻のイヴリンと娘のマデリンと共にロンドンで暮らし、 仕事中心の忙しい毎日を送っていた。ある日クリスファー・ロビンは、家族と実家で過ごす予定にしていた週末に、仕事を任されてしまう。会社から託された難題と家族の問題に悩むクリストファー・ロビン。そんな折、彼の前にかつての親友プーが現れる。
 プーに「森の仲間たちが見つからない、一緒に探してほしいんだ」と頼まれたクリスファー・ロビンは、子供の頃プーたちと過ごした“100エーカーの森”へ。何一つ変わらないプーやピグレット、ティガー、イーヨー、カンガとルーの親子。仲間たちとの再会に喜びと懐かしい日々を感じながらも、仕事に戻らなければならないことを思い出す。「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なの?」と、悲しむプーたち。急いでロンドンに戻ったクリストファー・ロビンは、森に会議の重要な書類を忘れてしまう……。
 一方、クリストファー・ロビンの忘れものに気づいたプーと仲間たちは、マデリンの助けを借り、親友のため、初めて“100エーカーの森”を飛び出し、ロンドンへと向かう。クリストファー・ロビンが忘れてしまった、本当に「大切なモノ」を届けるために──

キャスト

クリストファー・ロビン:
ユアン・マクレガー EWAN McGREGOR
イヴリン:
ヘイリー・アトウェル Hayley Atwell
プー:
ジム・カミングス Jim Cummings ※声の出演

スタッフ

監督:
マーク・フォスター Mark Foster
キャラクター原案:
A.A.ミルン Alan Alexander Milne
キャラクター原案:
E.H.シェパード E.H.SHEPARD
劇中歌:
リチャード・M・シャーマン Richard M.Sherman

「くまのプーさん」について


クリストファー・ロビンとプーさんの両キャラクターが初めてこの世に出たのは、1924年に発表された「クリストファー・ロビンのうた」という題名のイギリスの作家A.A.ミルンの詩集でした。その後、A.A.ミルンが息子のクリストファー・ロビンのために書いた短編集「クマのプーさん」が1926年に出版され、今もなお、史上最も人気の高い児童書のひとつとされています。
物語に登場するキャラクターは、息子のクリストファー・ロビンが持っていたぬいぐるみがモデルになっており、プーさんと仲間のピグレット、ティガー、イーヨー、カンガルーのぬいぐるみが、現在ニューヨーク公立図書館に展示されています。挿絵は画家のE.H.シェパードが描き、プーさんの挿絵はE.H.シェパードの子供が持っていたテディベアがモデルになっています。またA.A.ミルンの数々の本に使われたE.H.シェパードによるオリジナルの水彩画は、ニューヨーク公立図書館に所蔵されています。

A.A.ミルンの別荘があった、イギリスのハートフィールドにある「アッシュダウンフォレスト」がモデルの“100エーカーの森”を舞台にした、少年クリストファー・ロビンとプーさんの物語は、世界中の人々を魅了しました。
ウォルト・ディズニーは、娘が夢中になっているこの物語の映画化を考え、1966年に短編映画『プーさんとはちみつ』を発表。そして1968年に発表した短編第2作『プーさんと大あらし』が、米アカデミー賞®︎短編賞を受賞しました。短編第3作『プーさんと虎(ティガー)』(1974年発表)の後、初めての長編アニメーション映画となった『くまのプーさん』が1977年に発表されました。
ウォルト・ディズニーは「くまのプーさん」のアニメーション作品を製作することになった際、「プーさんは人気者になる、(この作品は)必ず歴史に残る名作になるよ」と強く思い入れのある言葉を残しています。ウォルトのこの言葉通り、プーさんは、短編・長編映画やテレビシリーズなど多数のアニメーション作品が作られ、またぬいぐるみなど様々な姿となって、現在も世界中で愛され続けているのです。

おすすめ作品

おすすめ商品

おすすめミュージック