作品情報

『美女と野獣』のディズニーが、不朽の名作「くるみ割り人形」をついに映画化!

イントロダクション

時代を超えて世界中から愛され続ける「くるみ割り人形」。今、イマジネーションに富んだこの物語に、ディズニーが新たな命を吹き込み、圧倒的な映像美で少女クララの冒険を描くファンタジー超大作が誕生した。これまで原作やバレエを知る人の心のなかだけに存在していたくるみ割り人形の世界が、手を伸ばせば触れられそうなほどリアルで煌びやかな映像となって、スクリーンに描き出される。

ストーリー

愛する母を亡くし、心を閉ざしたクララがクリスマス・イヴにもらったもの、それは鍵のかかった卵型の入れ物。「あなたに必要なものはすべてこの中にある」———母が遺した言葉の意味を知るために、クララは鍵を探し始める。その晩開かれた名付け親であるドロッセルマイヤーのクリスマス・パーティーで、彼からのプレゼントを受け取る糸をたどるゲームに参加したクララは、いつの間にか不思議な世界へ足を踏み入れていた。

鍵を追ってクララが迷い込んだのは、息を飲むほど美しく幻想的な世界。それは、色とりどりの花と緑で覆われた“花の国”、キャンディやマシュマロでできた“お菓子の国”、雪と氷がクリスタルのように輝く“雪の国”、そして謎の多い“第4の国”からなる誰も知らない<秘密の王国>。プリンセスと呼ばれ戸惑うクララだったが、やがて、この世界を創り上げたのが亡き母であることを知る。だが、マザー・ジンジャーが支配する“第4の国”が反乱を起こし、王国は消滅の危機に瀕していた。

母が愛した王国を救えるのは私しかいない———心優しい“くるみ割り人形”フィリップとともに、“第4の国”へと旅立つクララ。それは、この美しい世界に隠された<真実(メッセージ)>を探す、驚くべき冒険の始まりだった…。

キャスト

シュガー・プラム:
キーラ・ナイトレイ
クララ:
マッケンジー・フォイ
ホーソーン:
エウヘニオ・デルベス
シヴァー:
リチャード・E・グラント
バレリーナ・プリンセス:
ミスティ・コープランド
マザー・ジンジャー:
ヘレン・ミレン
ドロッセルマイヤー:
モーガン・フリーマン

スタッフ

監督:
ラッセ・ハルストレム ジョー・ジョンストン
映画ストーリー&脚本:
アシュリー・パウエル
製作:
マーク・ゴードン, p.g.a. ラリー・フランコ, p.g.a.
衣裳:
ジェニー・ビーヴァン
指揮:
グスターボ・ドゥダメル
音楽:
ジェームズ・ニュートン・ハワード

おすすめ作品

おすすめ商品

おすすめミュージック