作品情報

それは、彼女と心やさしい巨人の出会いから始まった。
小さくても、きっと世界は変えられる。

少年とE.T.の絆をエモーショナルに描いた歴史的名作「E.T.」から34年。
ハリウッドを代表するエンターテイメントの巨匠スティーブン・スピルバーグ監督と、世界中に夢と魔法を贈り続けているディズニーによる最初にして最強のコラボレーションによって生まれた、ひとりぼっちの少女ソフィーと、子供たちに夢を届ける“やさしい巨人”BFG。ふたりの間に結ばれた“奇妙な友情”は、やがて世界に大きな変化と奇跡を生み出す──。


ストーリー

小さな少女でも、世界は変えられる。大きな友達と、勇気さえあれば…

ロンドンの児童養護施設で暮らす10歳の女の子ソフィーは、ある夜中に巨大な何者かにベッドから毛布ごと持ち上げられて、またたく間に遠い見知らぬところに連れ去られてしまう。
着いたところは人間に知られていない<巨人の国>。彼女を連れてきたのは、心やさしい巨人BFG(=ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)だった。
彼の仕事は、夜ごと世界中の囁きに耳をすませて人間の子供たちに様々な“夢”を送り届けること。互いにひとりぼっちだった二人は、次第に心を通わせていく。
しかし、他の凶暴な巨人たちは、自分たちの大好物“ニンゲンマメ(=人間)”をBFGがかくまっているのではと、ひそかに疑い始めていた…。


メッセージ

“小さな少女でも勇気さえあれば巨人を動かし、世の中を大きく動かすこともできる。
この作品は「E.T.」と同じく、ファンタジーを超えたリアルな感覚を盛り込んだおとぎ話だ。”

~スティーブン・スピルバーグ監督


キャスト

BFG/ビッグ・フレンドリー・ジャイアント:マーク・ライランス/山路和弘
ソフィー:ルビー・バーンヒル/本田望結
女王:ペネロープ・ウィルトン/鈴木弘子
マルノミ:ジェマイン・クレメント/山野井仁
メアリー:レベッカ・ホール/山田里奈
ティブズ:レイフ・スポール/小林親弘

スタッフ

監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:メリッサ・マシスン
原作:ロアルド・ダール「オ・ヤサシ巨人BFG」(評論社刊)
製作:スティーブン・スピルバーグ(p.g.a.)、フランク・マーシャル(p.g.a.)、サム・マーサー(p.g.a.)
製作総指揮:キャスリーン・ケネディ、ジョン・マッデン、クリスティ・マコスコ・クリーガー、マイケル・シーゲル
撮影監督:ヤヌス・カミンスキー
プロダクション・デザイン:リック・カーター、ロバート・ストロンバーグ
編集:マイケル・カーン(ACE)
音楽:ジョン・ウィリアムズ

おすすめ商品

おすすめミュージック