作品情報

<ディズニー×エマ・ワトソン>
それは、100年語り継がれるエンターテイメント。

「ハリー・ポッター」シリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンを主演に迎え、不朽のディズニー・アニメーション「美女と野獣」をディズニー自身が実写映画化。
あらゆる予想や期待を超えた、100年語り継がれるエンターテイメントが誕生した。
“人と違う”事を自分だけの輝きに変えるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分を受け入れられない野獣──ベルはなぜ、そんな野獣を愛したのか?知られざる真実がいま明かされる。

STORY

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

    

豪華なスタッフとキャスト

『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で世界を魅了した愛らしい少女は、いまや強い意志を持った聡明で美しい大人の女性として、カリスマ的存在となっている。そのエマが「4歳のころから夢中」と語るベルを演じるとき、ベルはおとぎの国の住人であることをやめ、現代を生きる私たちにエールを贈る21世紀最高のヒロインに生まれ変わる。
また、野獣にはダン・スティーヴンス、ガストンにルーク・エヴァンス、ルミエールにユアン・マクレガーなど、絢爛豪華な実力派スターが結集!

監督と脚本を務めたのは、大ヒットミュージカルを映画化した『シカゴ』(02/脚本)や『ドリームガールズ』(06/監督・脚本)などで知られるビル・コンドン。

華やかさと深みを増した音楽

そして、なんといってもディズニーの『美女と野獣』の魅力は、アカデミー賞/ゴールデングローブ賞/グラミー賞を総なめにした極上のミュージカルナンバー。アラン・メンケン(作曲)とハワード・アシュマン(作詞)によるアニメーション版からの楽曲に、メンケンが新たにティム・ライス(作詞)と組んで作り上げた3曲の新曲が加わり、より華やかさと深みを増した音楽が、世紀の映像体験を約束してくれる。

    

CAST

  • エマ・ワトソン

    ベル

    パリで生まれ、イギリス・オックスフォードで育つ。10歳のとき、映画『ハリー・ポッターと賢者の石』(01)でスクリーンデビュー。シリーズ全8作(01〜11)でハーマイオニー役を務め、一躍人気者に。その他の代表作に、『ウォールフラワー』(12)、『ブリングリング』(13)など。国連の組織《UN Women》の親善大使を務めている。
  • ダン・スティーヴンス

    野獣

    ロンドン出身。ケンブリッジ大学在学中から学生劇に出演し、ピーター・ホール演出の舞台「お気に召すまま」でキャリアをスタート。メインキャストを務めたTVシリーズ「ダウントン・アビー」シーズン1〜3(10〜12)で注目された他、映画『ザ・ゲスト』(14)、『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』(14)などに出演。
  • ルーク・エヴァンス

    ガストン

    イギリス・ウェールズ出身。ミュージカル「レント」「ミス・サイゴン」などのロンドン公演でキャリアを積んだのち、映画『タイタンの戦い』(10)でハリウッド進出。以来、『ワイルド・スピード EURO MISSION』(13)、『ホビット 竜に奪われた王国』(13)など数多くの作品に出演している。
  • ジョシュ・ギャッド

    ル・フウ

    フロリダ出身。2011年にブロードウェイ・ミュージカル「ブック・オブ・モルモン」で、トニー賞主演男優賞ノミネート。おもな出演作に、TVドラマ「大統領とバカ息子」(12〜13)、映画『スティーブ・ジョブズ』(13)、『ピクセル』(15)などがある。『アナと雪の女王』(13)ではオラフ役を務め、その歌声で世界を魅了した。
  • ケヴィン・クライン

    モーリス

    アメリカ・セントルイス出身。ジュリアード音楽院で演技を学び、舞台俳優としてキャリアをスタート。2度のトニー賞受賞歴がある他、映画『ワンダとダイヤと優しい奴ら』(88)ではアカデミー助演男優賞に輝いた。その他の代表作に、『ソフィーの選択』(82)、『イン&アウト』(97)、『五線譜のラブレター』(02)など。
  • ユアン・マクレガー

    ルミエール

    スコットランド出身。名門ギルドホール音楽演劇学校で演技を学び、ダニー・ボイル監督の映画『トレインスポッティング』(96)で大ブレイク。『スター・ウォーズ』エピソード1〜3(99〜05)では、オビ=ワン・ケノービ役に抜擢された。その他の代表作に、『ムーラン・ルージュ』(01)、『ビッグ・フィッシュ』(03)など。
  • イアン・マッケラン

    コグスワース

    イギリス・バーンリー出身。60年代から舞台・映画・TVで活躍し、ローレンス・オリヴィエ賞やトニー賞など、数多くの栄誉に輝く。1990年にはナイト爵を授与された。『X-MEN』シリーズ(00〜14)のマグニートー役や、『ロード・オブ・ザ・リング』三部作(01〜03)および『ホビット』三部作(12〜14)のガンダルフ役でもおなじみ。
  • エマ・トンプソン

    ポット夫人

    ロンドン出身。アカデミー賞にノミネートされること5回、うち『ハワーズ・エンド』(92)で主演女優賞に、『いつか晴れた日に』(95)では脚色賞に輝いた映画界きっての才媛。その他の代表作に、『日の名残り』(92)、『ハリー・ポッター』シリーズ3・5・8作目(04〜11)、『ウォルト・ディズニーの約束』(13)など。
  • ネイサン・マック

    チップ

    エマ・ワトソンも通っていたイギリスの有名なパフォーミングアート・スクール《ステージコーチ》のチェルムスフォード校で演技を学ぶ。ダニー・ボイル監督・製作のTVドラマ「バビロン」(原題・14)や、数々の舞台に出演して経験をつみ、本作でハリウッド大作に初出演を果たした11歳の新星。
  • ググ・バサ=ロー

    プリュメット

    イギリス・オックスフォード出身。名門として知られるロンドンの王立演劇学校で学ぶ。舞台で高い評価を受けたのち、J・J・エイブラムス製作のTVドラマ『アンダーカバー』(10)で主役に抜擢。TVドラマ「TOUCH/タッチ」シーズン1(12)、映画『幸せの教室』(11)、『ベル ある伯爵令嬢の恋』(13)などにも出演している。
  • オードラ・マクドナルド

    マダム・ド・ガルドローブ

    ベルリンで生まれ、アメリカ・フレズノで育つ。ジュリアード音楽院で声楽を学び、おもにブロードウェイで活躍中。「ポーギーとベス」「レディ・デイ・アット・エマーソンズ・バー&グリル」などに出演し、トニー賞の演技部門では史上最多の6回の受賞歴を誇る。歌手としても活動し、これまでに5枚のソロアルバムをリリース。

STAFF

監督:
ビル・コンドン
製作:
デビッド・ホバーマン, p.g.a AND トッド・リーバーマン, p.g.a
脚本:
ステファン・チボスキー AND エヴァン・スピリオトプロス
製作総指揮:
ジェフリー・シルバー
トーマス・シューマッハ
ドン・ハーン
撮影:
トビアス・シュリッスラー, ASC
プロダクション・デザイン:
サラ・グリーンウッド
編集:
バージニア・カッツ, ACE
衣裳:
ジャクリーヌ・デュラン
スコア:
アラン・メンケン
歌曲:作曲:
アラン・メンケン
作詞:
ハワード・アシュマンAND ティム・ライス
音楽プロデューサー:
マット・サリヴァン
スコアアレンジ:
クリストファー・ベンステッド
歌曲アレンジ and 指揮:
マイケル・コザリン

おすすめ商品

おすすめミュージック