• ディズニーヴィランズ

    ディズニーのヴィランズ(悪者たち)が大集合!「白雪姫」の女王(魔女)や「眠れる森の美女」のマレフィセント、「リトル・マーメイド」のアースラといった、そうそうたる顔ぶれのヴィランズをご紹介します。ヴィランズキャラクターのスパイスの効いたアイテムもチェック!

  • マレフィセント

    『眠れる森の美女』(1959)に登場する、オーロラ姫に呪いをかける魔女。オーロラ姫の誕生日に自分だけ招かれなかったことをうらみ、「16歳までに糸車の針に刺されて死ぬ」という“呪いの言葉”を姫に贈ります。姫を助けに来たフィリップ王子と戦うシーンで、火をはく巨大なドラゴンに変身します。

  • ジャファー

    『アラジン』(1992)に登場するアグラバーの宮殿にいる邪悪な大臣。催眠術が得意で、魔法のランプを手に入れ、王位につこうとたくらみます。イアーゴというオウムを手下にしています。

  • アースラ

    『リトル・マーメイド』(1989)に登場する、海の魔女。むかし海の王国から自分を追い出したトリトン王を恨んでいます。その復讐のためにも、トリトン王に代わって海の支配者になろうと企てています。また、アースラの手下には、2匹のウツボ フロットサムとジェットサムがいます。

  • ドクター・ファシリエ

    『プリンセスと魔法のキス』(2009)に登場する邪悪な心を持つブードゥーの魔術師。大金持ちの娘との結婚を望んでいたナヴィーン王子の心につけ込み、「別世界の友」の力を借りて王子に魔法をかけ、カエルに変えてしまいます。そして、従者をにせの王子に仕立て、大金を得ようとします。

  • 女王(魔女)

    『白雪姫』(1937)に登場する女王です。「鏡よ、鏡、この世で一番美しいのは誰?」と魔法の鏡に問いかけ、「美しいのは白雪姫」と鏡が答えると、自分のまま子である白雪姫を家来に殺させようと計画する恐ろしい女性です。この計画が失敗したので、女王はみにくい老婆に変身し、呪文を唱えながら毒りんごを作ります。白雪姫を追いかけるシーンは大迫力です。

  • ゴーテル

    『塔の上のラプンツェル』(2010)に登場する悪女。ラプンツェルの母、ということになっていますが、実は幼いラプンツェルを連れ去り、塔の中に閉じ込めた張本人です。本当の姿は400歳の老婆で、ラプンツェルの魔法の髪に触れることで、若さと美しさを保っています。ラプンツェルを森の奥深くの塔に隠し、他の誰にも会わせないようにして、その力を独り占めしようとします。

  • フック船長

    『ピーター・パン』(1953)に登場する、ネバーランドにいる海賊の船長。ずる賢く残忍で、危険な人物です。自分の左手を切り落としてワニに食べさせたピーター・パンをとても憎んでいて、復讐の機会をねらっています。ひげをピンとなでつけ、羽根飾りのついた帽子にフリルのついた絹のシャツ、真っ赤なジャケットを着て登場します。ミッキー・マウスと共演したこともあります。

  • クルエラ

    『101匹わんちゃん』(1961)に登場する、変わりもので非情な悪女。毛皮が大好きで、ダルメシアンの子犬たちの毛皮で特製のコートを作ろうとたくらみます。目的のためには手段を選ばない性格で、手下のホーレスとジャスパー・バダンを使い、ポンゴとパディータの子犬15匹を含む、99匹ものダルメシアン犬を集めます。

  • ハートの女王

    『ふしぎの国のアリス』(1951)に登場する、トランプのハートの女王。いじわるな性格で怒りっぽく、いつもいばっていて、すぐに「首をはねろ!」と叫びます。クロケーの試合にアリスを誘い、ずるばかりします。

ディズニーヴィランズの新商品

おすすめ作品&ミュージック