ファイアボール ユーモラス

  • いかにも遠い未来、ありふれた惑星にて――。これは、世界から隔離された「テンペストの塔」を舞台に、ハイペリオンと呼ばれる機械貴族の少女ドロッセルと、その執事ゲデヒトニスがおくる日常を記録した物語です。彼らは、やがて星々が正しい位置にもどる日を待っていました。

キャラクター紹介

  • ドロッセル(KASTALIA-IX)

    ウラノス国テンペスト領公爵、ヴィントシュトレ・フォン・フリューゲル卿の一人娘。世界を統治する「ハイペリオン」と呼ばれる機械貴族。頭部には、この時代のキャスタリアモデルに特徴的な4本のスタビライザーを持つが、概ねの状況において邪魔とされ、以降のモデルでは採用されていない。

  • ゲデヒトニス(BAU 29)

    古くよりフリューゲル家に仕える執事。留守中の主人に代わり、お屋敷の警護、財務管理、水まわりのぬめり取りなどを担当。腹部に標準装備された「思考収納ジャバウォッキー」アタッチメントの積載量の少なさと若干の愛らしさで知られる、ハイツレギスタ重工製自走式汎用文明解体機械。

おすすめ作品