ファイアボール

ストーリー

第1話「その水棲動物を見よ」
イルカが見たいと言って、ゲデヒトニスを困らせるドロッセル。ゲデヒトニスは、お屋敷のデータベースに接続し、映像データを出力しようと試みるが…。

第2話「9:25」
大きなマスクで眼を覆い、体の不調を訴えるゲデヒトニス。だが、ドロッセルへの忠誠のため、休養をとることは頑に断り続ける。そこで、ドロッセルはちょっとしたゲームを思いつく。

第3話「イルカが飛んだ日」
頭に、普段と違う装飾を付けているドロッセル。彼女は、それをファッションアイテムだと解釈しているが、飛行のためのオプションパーツであると、ゲデヒトニスから教えられる。

第4話「セントエルモの火」
お屋敷に手紙が届いているはずだ、と、ゲデヒトニスを問いつめるドロッセル。彼女は友達と文通を始めたようだが、この世界での文通行為が危険の伴う一大事業であることを知らなかった。

第5話「前頭葉の悪魔」
ある日、ふしぎな言動を繰り返すゲデヒトニス。彼の言語機能に何らかの不具合が生じたようだ。そこで、ドロッセルは、彼女なりのやりかたでメンテナンスを試みる。

第6話「ゆるぎないこころ」
お屋敷が揺れ続けている。ドロッセルは、それを立ちくらみだと主張するが、実際は人類の軍隊による襲撃であった。そこで、無数の監視カメラにより、警戒を高めるゲデヒトニスであったが…

第7話「プロフェシー」
人類との共存を提案するドロッセル。ゲデヒトニスは、来たるべき和平協議へ向けて、彼女の亡き父の遺した書物をもとに、ドロッセルに人類の言語をレッスンする。

第8話「座面の猿」
ドロッセルより、お屋敷のインテリアについて苦情をうけるゲデヒトニス。彼は、彼女の父が愛用した玉座の存在を明らかにする。だが、その家具には秘密があるようだ…

第9話「バタフライ」
ある日、ドロッセルは、ペットを飼いたいとゲデヒトニスに訴える。だが、「ペット不可」がお屋敷の決まりのようだ。ゲデヒトニスの機転により、彼女に用意されたものとは…

第10話「終着駅」
お屋敷の周辺では、いつやむとも知れない雨が降り続いている。雨漏りに戸惑うドロッセルに、ゲデヒトニスの口から、困窮したお屋敷の経済状況が静かに告げられる…

第11話「侵入者たち」
屋敷に正体不明の笑い声が響き渡る。人類のスパイかと警戒するドロッセルとゲデヒトニスのもとに、新たなロボットが現れる。2人は、それら屋敷への侵入者たちと対話を試みることにした。

第12話「虚像の眼」
ドロッセルは、自分の背中に接続され、外すことが出来ないシャーデンフロイデの処置をゲデヒトニスに依頼する。はじめは、この小さないたずら者に手を焼く2人だったが…

第13話「夢の生まれる場所」
シャーデンフロイデという小さな友達を作り、いつもと変わらぬ日を過ごすドロッセルに、ゲデヒトニスから戦況が報告される。お屋敷に爆音が響くと、シャーデンフロイデは意外な行動を起こす。

「メイキング・オブ・ファイアボール」
2009年にリリースされたDVD『ファイアボール』に収録されている特別映像。本作へ主演したドロッセルとゲデヒトニスのインタビュー映像やテストショットを交えながら制作の舞台裏に迫る。

キャスト/スタッフ

キャスト
ドロッセル:
川庄美雪
ゲデヒトニス:
大川透
スタッフ
プロデュース・脚本・監督:
荒川航
キャラクター・デザイン:
福地仁
作曲:
薄井由行
CGプロデューサー:
川嶋洋樹
CG監督:
渡辺誠之
アニメーション制作:
ジーニーズアニメーションスタジオ
ゲスト・デザイナー:
御船麻砥
サウンド・デザイン:
鍬原保愉貴

アーカイブ

「ファイアボール」の公式ブログ「イボログ」アーカイブです。
2009年3月から2013年11月までの連載記事を以下のカテゴリごとにご参照いただけます。

DVD「ファイアボール」(数量限定生産)付録「忠実な執事ゲデヒトニス ペーパークラフト」