作品情報

そのスパイスは、あなたの人生を“美味しく”変える。

スピルバーグ製作、「ショコラ」のラッセ・ハルストレム監督
名門フレンチ・レストランと新興インド料理店、二つの店に起きた奇跡を描く心温まる物語

厳格な女主人マダム・マロリーが取り仕切るミシュラン常連の老舗フレンチ・レストランと、その向かいに引っ越してきた新興インド料理店が巻き起こす、名門店vs.新参者の攻防戦を中心に、”料理“が織りなすマジックが人々の心に響くヒューマン・エンターテイメント。道を隔てた2つの”異文化衝突“はやがて、料理と人生にストイックなマダム・マロリーと、2つのレストランに関わる人々に”美味しい奇跡“をもたらしていく―。

ベストセラー小説を原作に、スティーブン・スピルバーグが製作を務め、「ギルバート・グレイプ」、「ショコラ」を手掛けた名匠ラッセ・ハルストレム監督が人々の心の機微を温かく描き出します。マダム・マロリー役には、アカデミー賞(R)女優であり英国王室からは“DAME(デイム)”の称号を受けているヘレン・ミレンが、インド料理店のオーナー役にはインドの名優オム・プリが扮し、物語に気品とスパイスを加えます。そしてヘレン・ミレンは、第72回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされています。

”魔法のスパイス“が彩る、楽しくて美しく、とびきり”美味しい“物語を是非お楽しみください。

ストーリー

南フランスの山間の地に建つ、食通たち注目のミシュラン1つ星老舗フレンチ・レストラン「ル・ソール・プリョルール」。夫の死後、このレストランを切り盛りするのは、最高のサービスと味を提供することに人生をかけているマダム・マロリー(ヘレン・ミレン)だった。
ある日、故郷を追われ、ヨーロッパの地で再起を果たそうと旅を続けていたインド人のカダム一家が、車の故障のために足止めを食うことになった。親切な女性マルグリットに一夜の宿と食事を提供される一家の人々。そこで、空家となったレストランに興味を持ったパパは、この空家を買い取って、インドレストランを開業しようと決断。一家の次男のハッサンは、料理の名人だった亡き母の血を引き、母からスパイスを受け継いだ料理人であった。ただ、そこは、マダム・マロリーのレストランから100フィート(約30m)の道を隔てた、真向いに位置していた。さらに、親切にしてくれたマルグリットは、このレストランでスーシェフ(副料理長)を務めていた。
空家を改築してインドレストラン「メゾン・ムンバイ」開業準備を進める一家を眺めながら、マダム・マロリーは「嫌な予兆」を感じていた。静かな雰囲気のフレンチと対照的に、大音量でインド音楽を流し、強烈な匂いのスパイスを使った料理を供す「ムンバイ」は、迷惑以外の何物でもなかった。また、市場では食材の奪い合いや客の取り合いも巻き起こっていた。
一触即発の危機…。
そんな状況の中、マダム・マロリーはライバルのシェフ、ハッサンの料理を味見した際に、その「絶対味覚」と「料理のセンス」に天賦の才能を感じてしまうのだが…。

キャスト

マダム・マロリー:ヘレン・ミレン(一柳みる)
パパ:オム・プリ(菅生隆之)
ハッサン:マニッシュ・ダヤル(新垣樽助)
マルグリット:シャルロット・ルボン(渋谷はるか)
町長:ミシェル・ブラン(鈴木清信)

スタッフ

監督:ラッセ・ハルストレム
脚本:スティーヴン・ナイト
原作:
リチャード・C.モレイス(集英社文庫)
製作:スティーブン・スピルバーグ、オプラ・ウィンフリー、ジュリエット・ブレイク
製作総指揮:キャロライン・ヒューイット、カーラ・ガーディニ、ジェフ・スコール、ジョナサン・キング
撮影:リヌス・サンドグレン F.S.F.
プロダクションデザイナー:
デヴィッド・グロップマン
編集:アンドリュー・モンドシェイン A.C.E.
音楽:A.R.ラフマーン

おすすめ商品

おすすめミュージック

おすすめ作品