大ヒット上映中

映画史に残る世界的大ヒット・スリラー作品『シックス・センス』(99)のM.ナイト・シャマラン監督が、世界を騒然とさせた『アンブレイカブル』(00)のその後を描く、衝撃のサスペンス・スリラー『ミスター・ガラス』。

“スーパーヒーロー”は、実在するか?
─3人の特殊な能力を持つ男が集められ、“禁断の研究”が開始された。不死身の肉体と悪を感知する力を持つデヴィッド・ダン、24もの人格を持つ多重人格者ケヴィン、そして、非凡なIQと生涯で94回骨折した壊れやすい肉体を持つミスター・ガラス…。
彼らは人間を超える存在なのか?最後に明らかになる“驚愕の結末”とは?

特殊な能力を持つ3人の男


衝撃的な結末を潜ませたスリラーに手腕を発揮する鬼才
M.ナイト・シャマラン

1970年、インドの医師の家系に生まれ、幼い頃に家族とアメリカに移住、フィラデルフィアで育つ。10歳の頃から映画作りを始め、16歳までに45本もの短篇映画を撮る。有名医学プログラムに進むための奨学金を受けられるにも関らず、映画製作を学ぶためにニューヨーク大学のアート・スクールに進学。92年に作った初の低予算長篇映画“Playing With Anger”がトロント国際映画祭で上映。2本目の長編映画、脚本・監督を務めた『翼のない天使』(98・未)が劇場公開される。そして、ブルース・ウィリス主演の衝撃的な結末を潜ませた斬新なスリラー『シックス・センス』(99)を発表すると、同作は世界興収6億6,100万ドルを超える驚異的大ヒット、作品賞、監督賞、脚本賞を含むアカデミー賞6部門にノミネートされ、彼は一躍ハリウッドの若手フィルムメーカーの頂点に立った。ブルース・ウィリスと再び組んだサスペンス・スリラー『アンブレイカブル』(00)、そして『サイン』(02)の成功の後も、『ヴィレッジ』(04)、『レディ・イン・ザ・ウォーター』(06)、『ハプニング』(08)、『ヴィジット』(15)、『スプリット』(17)など独創的なスリラー作品やファンタジー作品を送り出す。その他、ファンタジー・アドベンチャー『エアベンダー』(10)や原案・出演ウィル・スミスのSFアクション『アフター・アース』(13)の監督・脚本も手掛ける。脚本のみ手掛けた作品に『スチュアート・リトル』(99)。テレビシリーズでは、「ウェイワード・パインズ 出口のない街」(15~16)の製作総指揮、監督を務める。


『アンブレイカブル』から『ミスター・ガラス』へ

18年の時を超えて秘かに存在し続けた、シャマラン監督の罠ー
今、物語はひとつとなって“驚愕の結末”へ。

フィラデルフィア。131名もの死者を出した悲劇的な列車事故のただ一人の生存者となったデヴィッド・ダン。そんな彼の前に、非凡なIQと壊れやすい肉体を持つ謎めいた男、ミスター・ガラスが現れる。この世界には、自分とは対極の存在、弱き者を守る使命を与えられた“不死身の肉体”を持つ者=“スーパーヒーロー”が存在すると説く彼は、デヴィッドこそがその男だと告げる。動揺し、否定するデヴィッドだったが、次第に自分の中に存在する特殊な能力-----怪我も病気もしない身体、触れた者の心を読む力、悪を感知する力などに、恐怖とともに気づかされていく。葛藤の末、正体を隠してある被害者たちを救い出し、これこそが自分の使命だと受け入れていくデヴィッド。だがそんな時、ミスター・ガラスが隠す恐ろしい真実を知ってしまう。・・・あの列車事故は、“スーパーヒーロー”を捜し出すために彼が起こしたものだったのだ。絶望したデヴィッドは、彼を精神病院へ送りこむ・・・。


おすすめ作品