Disney ミラベルと魔法だらけの家 大ヒット上映中

奇跡を起こす方法は魔法だけじゃない─ 感動、絶賛コメント 続々到着!奇跡を起こす方法は魔法だけじゃない─ 感動、絶賛コメント 続々到着!

  • 誰もがマドリガル家のように“特別な才能(魔法のギフト)”をもっているわけではありません。
    だからこそ、ミラベルのように特別な才能がなくても自分にできることをみつけることで、
    あなたの家族や大切な人たち、そしてあなた自身が既にもっている“特別ななにか”に
    気づいてもらえたら嬉しく思います。

    監督

    バイロン・ハワードジャレド・ブッシュシャリース・カストロ・スミス

  • 斎藤瑠希ミラベル役/女優
    この物語に登場する《魔法のギフト》という存在は、実際に私達人間が、各々持っているスキルや、得意なことなど、いろいろなものに置き換えられると思います。
    ミラベルは魔法という目に見えるギフトを授からなかったけれど、彼女の中には、自ら道を切り開いてゆく芯の強さがあり、それこそがミラベルの持つ“魔法のギフト”なのです。
    私たちの中にも、目に見えるギフトを持つ人と、まだ気づけていないけれど、心や内面にギフトを持つ人がいると思います。この作品をきっかけに、自分の持つ輝きとは何かを考えさせられました。
  • ゆめっちルイーサ役/(3時のヒロイン)
    息をするのを忘れてしまうほどの映像美、めちゃくちゃ心に響くストーリー、勇気をもらう楽曲の数々、なにもかもが素晴らしくて鳥肌が立ち涙が溢れました!
    60作品目の記念すべき、この作品に携われたことを心の底から誇りに思います。本当に夢のようです!エンドロールに自分の名前が見えた時、震えちゃいました!
    この映画を通して、周りの人と自分を比べなくていい、完璧じゃなくていい、1人じゃない、わたしは特別な存在なんだと思えました!
    ご家族や、お友達、好きな人とたくさん観てほしい映画です!
  • 平野綾イサベラ役/女優・声優
    最高でした!
    心から楽しませていただきました!
    “多様性”と一言では片付けられない全ての要素がこの作品に込められていると思います。
    コロナ禍により他者との繋がりを断たれ、世界中の人々が孤立してしまう状況の中、人同士の絆を途絶えさせてはいけないという強いメッセージを作品に感じました。
    全てのキャラクターを通して身近にいる大切な人達をより愛おしく思うことができるのではないでしょうか。
    魔法のような特別なものではなく誰かの為に頑張ることができる力こそが、私たちに与えられた“ギフト”だと思います。
  • おしら(しらスタ)ボイストレーナー、YouTuber
    身近な友達や、家族にはできて、自分には上手くこなせない事って日常でも沢山ありますよね。
    家族の中で唯一魔法を使えないミラベルの生き様にすごく勇気づけられました。
    音楽的にはルイーサの歌声が特に大好物でした。
    3時のヒロインの“ゆめっちさん”最高すぎです!
    みなさんも是非劇場でご覧くださいませ。
  • ハラミちゃんポップスピアニスト
    「自分が持ってる魔法ってなんだろう」
    私たちの世界でも個性がある、特技がある人のことが眩しく見えるということはよくあると思います。でもその個性(魔法)によって苦しんでいることがあったり。
    自分もピアノという個性や特技を職業にさせていただいているからこそ、色々考えさせられる作品でした。そして誰しもが魔法(個性)を持っていて尊重し合うことが大事なのだと改めて気付かせてくれる作品でした。ファンタジーですが現実に役立つヒントがたくさん。もう一度観たい!
  • 上西星来モデル・女優
    物語の世界で一緒に踊って、歌って、笑っているような陽気で心躍るラテンリズムの音楽や魔法、色鮮やかな映像でした!この作品の物語中でも、今生きている私たちの世界でも、誰もが特別な才能、センス、に憧れていて、他の人と比べることによって、自信を無くしたり、やる気を失ったりしてしまう。それらを脱却するには、既に持っている自分の中にある特別なものを見つけることが大事で、誰もが自分にできることがある!という勇気をそっと与えてくれる物語でした!
  • 本田仁美アーティスト(AKB)
    悩みや不安を受け入れて勇気を出して挑戦するミラベルに対して、自分自身と重ね合わせて観ることができます。 お仕事や学業の中で、時には、“自分にできるわけがない”と悩んで自信を失うことがあると思います。そんな時こそ観て欲しいですね。「“ひとつの勇気”が、奇跡を起こし、世界を変えることができる」と背中を押してくれる作品です。
  • 鞘師里保歌手
    個人で活動を始めた今、このタイミングでこの映画を観られて運命を感じました。
    どんな人もそれぞれ違う形の“強さ”を持っている。
    ミラベルから、今自分が持っているものに目を向けて、行動に移すことが大事だと教えてもらいました。
  • サッシャJ-WAVE ナビゲーター
    大家族ならではの賑やかさに憧れます。
    いざっていう時にこそ頼れるのは家族というメッセージに誰もが共感!
    そして、ラテンの音楽がとにかく楽しい。
    リン=マニュエル・ミランダのラテンミュージカルナンバーが劇場でも思わず踊りたくなります。
    コロンビアに行きたくなった!!
  • 前田智子J-WAVE ナビゲーター
    主人公ミラベルはいい子なのだけれど悪態もつくし、微妙な表情もする、等身大でとってもリアル。だから、つい「そうそう」と頷いてしまう。
    素晴らしい音楽と色彩にすっかり魅せられて、「もし自分に魔法のギフトが授けられるとしたらどんな力?」「このドアを開けたら?」と、想像力のスイッチをいれてくれる作品。普段の生活がワクワクにかわるかも!
  • 長谷川ミラモデル、J-WAVE ナビゲーター
    眼鏡をかけた主人公のミラベルがチャーミングで新鮮!
    みんなが特別な魔法(ギフト)をもらっている中で、自分だけない事で葛藤する姿は、働く私たちの姿に重なり共感します。
    最後はシンプルに泣ける1本です!
  • 重田優平FM AICHI パーソナリティ
    魔法が使えないミラベルだからこそ今までのディズニーヒロインよりも、僕たち観ている人に近い感覚や考え方を持っていて、とても親しみを感じました!活気あふれる街並みや色鮮やかな魔法の世界で聴こえてくる陽気な音楽と個性的なキャラクター達の歌声に自然と心が明るくなることは間違いなしです!僕は鑑賞後、自分らしさというものに自信が持てた気がします。それはミラベルが自分自身を好きにさせてくれる魔法をかけてくれたからだと思います!
  • グッチータレント
    何をやっても上手くいかなくて前に進めなくなってしまった時。
    魔法や特別な能力があったらどんなにいいかと誰もが一度は思うはず。
    でもミラベルは乗り越えていくんです、魔法も使えないのに。
    特別な才能がなくたって、まわりの人と違っていたって大丈夫!
    一人一人の個性を認め合って支えあえば、みんなできっと未来は変えられる!

    本作が魔法と音楽で作り出す夢のような世界は色鮮やかで大迫力!
    そしてキャラクターたちはみんな個性的で最高でした!
  • 熊谷奈美タレント
    大好きな家と家族のために、進むミラベルに愛と勇気と優しさを学んだ。
    これぞディズニー!私も前に進む前に、家族に会いたくなった!
  • ミルクマン斉藤映画評論家
    ミステリアスな展開、イマジネーション赴くままに別次元にまで至るミュージカル・シーン。
    それもまた、クンビアをはじめとするコロンビア土着の音楽が中心になってるのがラテン音楽好きにはたまらない!!
  • 宮崎梨緒Lovelys
    個性的なキャラクターはもちろん、音楽がとにかく素晴らしくって冒頭からワクワク。
    大人も楽しめる作品なので、家族と一緒に観たい!
  • 八木沙季Lovelys
    不安を抱えながらも前向きで明るく、困難に立ち向かうミラベルにグッときました。
    家族の絆と温かさがとても感じられる映画です。
  • 大抜卓人FM802 DJ
    舞台は南米でも、これはあなたの物語!
    家族、学校、会社・・・・・・我々はいつも誰かと自分を比較してしまう。
    自分を好きでいるためのティップはこの作品に。
    カラフルな色と明るく元気な登場人物、音楽の高揚感!
    劇場を出た時、少し頼もしくなった自分と出会えるはず!
  • 荒川(エルフ)芸人
    良すぎてびっくりしました!!!
    ナイーヴだった自分の心に色々ぶっ刺さりすぎました。
    「自分しか勝たんし、あなたしか勝たんよ」って言ってくれた気がしました!
    わたしもずっと希望を持って生きていきたいな。ミラベルまぢありがとう。
    神すぎる作品です!
  • コウズマユウタCROSS FM ナビゲーター
    小さい時からディズニー作品が好きな僕にとって、たっぷりの歌とともに展開していくミュージカルストーリーはそれだけで楽しいものでした。
    わくわくも、喜びも、悲しさや苦しさも、様々な感情がメロディーに乗ってスクリーンから溢れてくる。
    スクリーンの大きな映画館だとより作品に入り込めます。
    現実の世界には魔法はありません。
    でも、だからってリアリティがないとは全然、感じませんでした。
    だって、このミラベルが抱えてる不安や劣等感、どうにも整理がつかない気持ちって、きっと、誰でも、大なり小なり、感じたり、経験してることだと思うんです。
    魔法じゃなくても、色んな場面で、きっと、ミラベルの気持ちに重なる経験をしているんだと思います。
  • 下埜正太FM大阪 DJ
    なぜ魔法の事を「ギフト」と呼び、タイトルに「家」が入っているのか?を軽く意識しつつ観るとより味わい深く、風味豊かになる。
    コロナ禍でホームシックになっている人、アットホームな気分になりたい人にオススメなミュージカル映画。
    祖先に思いを馳せながら子孫繁栄も願うお墓参り的な家族のお話。
(順不同・敬称略)
  • Disney ミラベルと魔法だらけの家 大ヒット上映中 公式サイトはこちら

おすすめ作品