『マレフィセント2』を観るべきポイントがココに!観るべきポイントがココに!
  • アンジェリーナ・ジョリーマレフィセント役
    マレフィセントは生まれつき悪い人ではないの。彼女は人々を傷つけたいのではなく、自分が信じることのために戦う人なのよ。私たちは時に、自分の居場所がないように感じることがある。そして“人と違う”ことに悩みを抱える。マレフィセントは、その個性こそが大切であることを教えてくれて、その個性に居心地の良さを感じさせてくれる存在なのではないかしら。
  • エル・ファニングオーロラ姫役
    彼女は平和と愛の象徴のようなプリンセス。とても美しい優しさで、様々なことを受け入れる愛情を持っている。今私たちが住んでいる世界において大切な本当の強さを持っているのよ。
  • 上戸彩さん女優/吹替版・オーロラ姫役
    マレフィセントとオーロラ姫の二人の関係は、男女の愛でもなく、それを超える母と娘の究極の愛。マレフィセントは一見悪役で、みなさんの見方は悪いように捉えがちですが、それさえも覆してしまうマレフィセントの魅力だったり、演じるアンジェリーナ・ジョリーのお芝居やエル・ファニングのピュアさだったりが、前作よりもパワーアップしていて楽しめます。
  • 小野賢章さん俳優/吹替版・フィリップ王子役
    マレフィセント=ヴィラン=ダークという印象だったので、フィリップ王子のプロポーズという明るく幸せで、美しいシーンから始まったのが印象的でした。作品全体を通して、人種の違いや国同士の争いなどを<愛の力で乗り越えていく>という大きなテーマがあって感動しました。
  • 福田彩乃さん女優/吹替版・妖精のシスルウィット、ノットグラス、フリットルの3役
    マレフィセントをはじめ、オーロラ姫であったり、今回初めて登場するオーロラ姫の婚約者フィリップ王子のお母様であるイングリス王妃がいますが、女性が善悪関係なく一生懸命何かに頑張っている姿だったり、努力している姿、何かを守ろうと必死な姿は誰しもが共感できる姿。女性が観ていて楽しめるポイントだと思います。
  • 枢やなさん作家(「ディズニー ツイステッドワンダーランド」原案・メインシナリオ・キャラクターデザイン)
    こんなに大好きな要素だけで構成された映画がある!?と大興奮。早くもう一度見たい!
    誰もが楽しめる要素がギュッと詰まってます。
    ぜひ家族、友達、恋人、あるいは嫌いな隣人とご一緒に。
  • 加藤和樹さん声優(「ディズニー ツイステッドワンダーランド」CVマレウス・ドラコニア)
    予想を遥かに超える感動がそこにはありました。マレフィセントの真の強さ…とでも言いますか、また新たなマレフィセントの一面を垣間見た感覚です。妖精たちの純粋さと、人間たちの醜さの対比が、観ていて心温まったり、胸が締め付けられたりしました。
    愛と憎しみは紙一重と言いますが、この作品にはとても深い愛が描かれていたと思います。真実の、嘘偽りない愛がそこにありました。
  • 緑川光さん声優(「ディズニー ツイステッドワンダーランド」CVリリア・ヴァンルージュ)
    前作『マレフィセント』は、タイトルの如く、オーロラではなくマレフィセントが主役のお話でしたが、悪役が主役って一体どんなストーリーになるの?と興味津々でした。実際見てみたら、とても心にくるストーリーで、マレフィセントが本当に大好きになりました。その続編と言う事ですっごく期待して見たのですが(笑)、前作にも負けず劣らず素晴らしいストーリーでしたね♪ とにかく、マレフィセント役のアンジェリーナ・ジョリーが凄かったです。ディズニーヴィランズ 最高峰の迫力あるオーラを纏いつつ、美しく高貴に、そして時には可愛らしく、とても魅力的に演じていらっしゃいました♪ あれは惚れますよねぇ。まだの方は、是非是非(^-^)
  • 石谷春貴さん声優(「ディズニー ツイステッドワンダーランド」CVセベク・ジグボルト)
    まず何よりも映像美。
    現実で目の当たりにしたことのないものをあれだけ想像力豊かに生き生きと表現していたことに驚きました。

    それぞれのキャラクターの衣装や迫力の戦闘シーンなど見所は沢山あります!
    そしてマレ様の麗しさ!
    「マレフィセント2」皆様も是非ご覧ください!
(順不同)
  • 感想投稿キャンペーン 感想を投稿してオリジナルグッズを当てよう!感想投稿キャンペーン 感想を投稿してオリジナルグッズを当てよう!
  • #マレフィセント再降臨 あなたも“美しき最強のヴィラン”に―#マレフィセント再降臨 あなたも“美しき最強のヴィラン”に―
Disney マレフィセント2