音楽

エルトン・ジョンとティム・ライスの黄金コンビが再び!さらに、ビヨンセ&ドナルド・グローヴァー グラミー賞受賞の超一流アーティストが共演!

アニメーション版『ライオン・キング』では、アカデミー賞®(「愛を感じて」/歌唱・作曲エルトン・ジョン、作詞ティム・ライス)、作曲賞(ハンス・ジマー)の2部門、グラミー賞4部門、ゴールデン・グローブ賞2部門を受賞。さらに、オリジナル・サウンドトラックがビルボードのアルバムチャートで10週にわたりNo.1を獲得、サウンドトラック・アルバムは、ディズニー史上最高のCD売り上げを記録している。

“ディズニーミュージックの最高峰”と賞されるアニメーション版の音楽を受け継ぎつつ、今の音楽シーンで活躍する最高の人材によって、サウンドトラックの歴史に新たな1ページを刻む音楽が出来上がった。


「誰もが曲を聴いただけで深く心を打たれると思う」(ジョン・ファヴロー監督)

「たとえアニメーション版やミュージカル版を知らなかったとしても、人の心を揺さぶる力が『ライオン・キング』の楽曲にはある。一方でもし元々アニメーション版を知っていたり、それで育ってきていた人が聴くと、映画公開当時に夢中になっていたことや子供時代のこと、関連する人生の出来事などの過去の”ライオン・キング体験”が蘇って、当時の思い出や感情が脳内をめぐるんだ」


主題歌「サークル・オブ・ライフ」

「サークル・オブ・ライフ」は、冒頭の印象的なズールー語のボーカルで、観客の心をアフリカの大地へと誘いながら、作品のテーマである“生命の環”を力強く歌い上げるナンバー!
本作のオープニング・ナンバーでもあり、一気に『ライオン・キング』の世界に引き込まれる壮大な楽曲。物語のエンディングもこの曲で締めくくられ、音楽が美しいサークルを描く。


「愛を感じて」

主人公シンバの声を務めるドナルド・グローヴァー、そしてシンバの幼馴染のナラ役を担当するビヨンセが歌う名曲「愛を感じて」(原題「Can You Feel the Love Tonight?」)。シンバが出会う仲間や家族との絆の中で生まれる”愛“を表しており、新しい魅力が詰まった「愛を感じて」が奏でられています。
世界最高峰のアーティストによる“夢の共演”でドラマチックに歌いあげる「愛を感じて」は、またさらに観る者、聴く者全てを魅了する名曲へと進化!

  • ドナルド・グローヴァー&ビヨンセ
    「愛を感じて」


ライオン・キング オリジナル・サウンドトラック デラックス版

今なお語り継がれるディズニー不朽の名作をついに実写映画化! オリジナル版豪華キャストと、プレミアム吹替版キャストによる歌唱を一挙収録。