キャスト

ゲストアーティスト追加発表!

新たに小此木麻里、城南海の出演が決定!総勢10名の豪華アーティストが夢の共演!

2020年4月公演に出演を予定していた木下晴香、濱田めぐみは、スケジュールの都合により、残念ながらご出演が叶いませんでした。

ゲストアーティスト

相葉裕樹

2004年映画デビュー。
舞台、映像出演の他、声の吹替えなど活動の場を広げ、アニメ「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」主人公ヒタチ・イズル、「ローグ・ワン/STAR WARS STORY」、海外ドラマ「S.W.A.T.」ジム・ストリート役の日本語吹替、スマートフォンゲーム『ディズニー ツイステッドワンダーランド』ポムフィオーレ寮/ヴィル・シェーンハイトのボイスキャストなど、多方面に活躍中。
近年の主な舞台出演作は、『アナスタシア』『ダンス オブ ヴァンパイア』『タイタニック』『HEADS UP!』などがある。今後の舞台出演作に、2020年11月~『現代能楽集Ⅹ 「幸福論」』、2021年『レ・ミゼラブル』が控えている。

NEW!
小此木麻里

東京都出身。6歳で子役デビュー。その後、舞台を中心にテレビやCMにも出演。主な出演舞台に、TEAM NACS『PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて』、『ピノキオ〜または白雪姫の悲劇〜』、『手紙 2017』、『ジャージー・ボーイズ』等。そのほか、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」日本語吹替版にてラプンツェル役歌唱部分担当、「シュガーラッシュ:オンライン」日本語吹替版にてアリエル役担当。2019年、角松敏生氏のアルバム『東京少年少女』の「It's So Far Away」にてデュエットを果たし、コンサートツアーでもコーラスとして参加。

NEW!
城 南海

平成元年 鹿児島県奄美大島生まれ。奄美民謡「シマ唄」をルーツに持つシンガー。
2006年鹿児島市内でシマ唄のパフォーマンス中にその歌唱力を見出され、2009年シングル「アイツムギ」でデビュー。
代表曲は、NHKみんなのうた「あさなゆうな」、「夢待列車」をはじめ、NHKドラマ『八日目の蝉』の主題歌「童神~私の宝物~」、NHK BSプレミアム時代劇『薄桜記』の主題歌「Silence」、一青窈作詞、武部聡志作曲・プロデュースのシングル「兆し」など。
テレビ東京「THE カラオケ★バトル」に2014年7月から出演し、番組初となる10冠を達成。2016年8月には宮本亜門演出の『狸御殿』に白木蓮役で出演するなど活躍の場を広げる。2018年の大河ドラマ「西郷どん」の劇中歌と大河紀行テーマを担当。2019年、デビュー10周年を記念して、初のベストアルバム『ウタツムギ』を発売。2020年、ディズニー実写映画『ムーラン』の日本版主題歌「リフレクション」の歌唱が決定。城は日本版の訳詞も担当した。「リフレクション」を含む映画音楽を中心としたカバー曲と、NHK「ラジオ深夜便」の深夜便のうたに抜擢された、森山直太朗氏作詞・作曲による「産声」他、 オリジナル曲を含めた全 10 曲を収録したアルバム『Reflections』を1月27日に発売。毎年恒例のワンマンライブ「ウタアシビ」公演の他、さまざまな音楽フェスティバル、イベントに出演。

昆夏美

東京都出身。洗足学園音楽大学ミュージカルコース卒業。12歳から中学3年時まで、児童劇団大きな夢に主役で多数出演。2011年『ロミオ&ジュリエット』のオーディションでジュリエット役を射止め、メジャー作品プロデビュー。『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役、『ミス・サイゴン』キム役、『アダムス・ファミリー」ウェンズディ役、映画「美女と野獣」(プレミアム吹替版)ベル役など多彩に活躍。その他の主な出演作に、『マリー・アントワネット』、『シークレット・ガーデン』、『ナイン・テイルズ〜九尾狐の物語〜』『ディズニー・ハワイアンコンサート2019』、「ロカビリー・ジャック」、「星の王子さま」、WOWOWオリジナル・ミュージカルコメディ「グリーン&ブラックス」等。13年に「私は想像する」でアーティストデビュー、2020年2月に映画初出演にして初主演の「ぐるり1200キロ、はじまりの旅」がさぬき映画祭で公開予定。2019年第10回 岩谷時子賞奨励賞受賞。 

坂元健児

劇団四季では「ライオンキング」初代シンバ役として人気を博し、退団後はその歌唱力と類い稀な身体能力を生かし、『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』『ルドルフ・ザ・ラストキス』を始め数多くのミュージカルに出演。豊かな表現力で多彩なキャラクターを演じ分ける。また音楽活動としてLIVEを定期的に行い、2016年には乃木坂46の楽曲『命の真実』で生田絵梨花とデュエットでLIVEにも参加、話題を集める。近年のTVでは、TV TKU『郷土の偉人シリーズ 』EX『ドクターX4』BSテレ東『歌舞伎町弁護人凛花』CX『ストロベリーナイト・サーガ』等。舞台では『パレード』『Mr.Finding DESTINY』『フェイス』。9月には『カリソメノカタビラ』(@浅草九劇)の出演が控えている。

武内駿輔

声優。東京都出身。81プロデュース所属。 主な代表作は『アイドルマスター シンデレラガールズ』プロデューサー役、『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』大和アレクサンダー役、『彼方のアストラ』ザック・ウォーカー役、『スタンドマイヒーローズ -PIECE OF TRUTH』都築誠 役、『爆丸 バトルプラネット』ドラゴノイド役など。テレビアニメーション版『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ピーター・クイル/スター・ロード役や、『アナと雪の女王』そして、2019年11月公開の『アナと雪の女王2』日本語版オラフ役も務める。2015年に第10回声優アワード新人男優賞受賞。趣味はDTM、ファッション、声楽。

中川翔子

1985年生まれ、東京都出身。
歌手・タレント・声優・女優・イラストレーターなど、活動は多岐に渡り、多数のバラエティ番組にも出演中。
ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」では、主人公ラプンツェルの声優を担当。続編のテレビ編「ラプンツェル・ザ・シリーズ」でも同役にて出演し、主題歌も担当している。
今年の夏には人気アニメ映画の主題歌などを担当し、12月には5年ぶりとなるフルアルバム「RGB 〜True Color〜」を発売予定。
この他に、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた「マスコット審査会」委員や、2025年開催の万博に向けた「万博誘致スペシャルサポーター」としても活動している。

パパイヤ鈴木

1966年6月29日生まれ。振付師・タレント
16歳でダンサーとしてデビューし、東京ディズニーランドを最後に振付師になる。1986年、CBSソニー(現ソニーミュージックエンタテインメント)で振付、タップダンスの インストラクターを務め、1998年にパパイヤ鈴木とおやじダンサーズを結成。2018年に結成20周年を迎えた。振付け代表作品は、AKB48「恋するフォーチュンクッキー」、ロッテ「Fit's」CM等。日本初公演 ミュージカル「メリーポピンズ」出演・TBS日曜劇場「集団左遷!!」出演など、振付師・タレントとしての活動の他、俳優、LIVE、イベントプロデュース及び出演など幅広く活動中。

平野綾

愛知県出身。1998年から子役としてTVドラマやCMなどに出演。
2003年に声優デビュー。その後も声優、歌手、女優として活躍し、近年は『レ・ミゼラブル』でエポニーヌ役、『レディ・ベス』でタイトルロール、『レベッカ』で“わたし”役を務めるなど、ミュージカルでの躍進が続いている。主な出演作に、舞台:『THE MUSICAL at IMPERIAL THEATRE』、『サンセット大通り』、『ロカビリー☆ジャック』、『モーツァルト!』、『ブロードウェイと銃弾』、『マーダー・バラッド』、『エドウィン・ドルードの謎』 アニメ:『それいけ!アンパンマン』、『グランブルーファンタジー』、『銀魂』、『FAIRY TAIL』『涼宮ハルヒの憂鬱』など。

山寺宏一

1961年6月17日生まれ。宮城県出身。声優・タレントとして活躍。
声優としてドナルドダックを始め「美女と野獣」野獣「アラジン」ジーニー「リロ&スティッチ」スティッチ「シュガーラッシュ」ラルフ等日本語吹替版で数多くディズニー・キャラクターの声を担当している。また俳優としても活動し「TRICK」「オリエンタル急行殺人事件」「エンジェルハート」「釣りバカ日誌」「半分、青い。」「なつぞら」他、多数出演。

バンド&シンガーズ

フレンズ・オブ・ディズニー・バンド&シンガーズ

演出

TETSU(Bugs Under Groove)