2020年公演レポート

今年の東京公演の様子をお届けします♪

“ブラバン・ディズニー!”コンサートの東京公演が、2月16日(日)東京渋谷・Bunkamura オーチャードホールで開催された。“ブラバン・ディズニー!”コンサートはディズニーの名曲を吹奏楽で演奏するコンサートで、演奏はシエナ・ウインド・オーケストラ。2017年に第1回が開かれ今年で4年連続の開催。全国ツアーは3度目となる。今年のツアーは1月19日(日)に千葉・市原市市民会館でスタートし、東京公演は全10公演の折返し点。

今年も演目の異なる2種類のプログラムが用意され、この日の昼公演は、おなじみの名曲がぎっしり詰まった「ディズニー・クラシックス・メドレー」で幕をあける【B】プログラム。昨年大好評だった、ディズニーの音楽で世界をめぐる「ディズニー・ワールド・ミュージック・ツアー」も楽しめる。

そして夜公演は、シエナ・ウインド・オーケストラの実力を見せつける難易度の高い「インクレジット2」から始まる【A】プログラム。こちらは「アベンジャーズ・メドレー」や東京ディズニーランド®︎の「ドリーミング・アップ!」の音楽など、初公開の新曲が盛りだくさん。

今年の見どころのひとつは、新企画「教えて!オリタさん」(A/B共通)。音楽業界の第一線で30年以上活躍している指揮者のオリタノボッタに、音楽をもっと楽しむための魔法を教えてもらおう!というコーナーで、今回のテーマは“アレンジ”。誰もが知っている「くまのプーさん」の曲をワルツ、マンボにロックと様々なアレンジで演奏され、オーディエンスを驚かせる。

そして、ディズニーのプリンセスたちの名曲をメドレーで綴る「ディズニー・プリンセス・ストーリー」(A/B共通)では、スペシャルゲストとして地元の学校の吹奏楽部のみなさんが登場するサプライズも!

またMCを務める綿引さやかは、「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」(『アナと雪の女王2』)と「スピーチレス〜心の声」(実写版『アラジン』)の2曲で、圧巻のボーカルも披露。

アンコールは、毎年大好評の《舞台に上がって演奏しよう♪ みんなでブラバン・ディズニー!》。このコーナーのために楽器を持ってきた観客のみなさんが次々とステージに上がり、あっというまに総勢300人以上の大オーケストラに! 楽器を持っていない方も、その場で手拍子やかけ声で参加して、会場全体がひとつに。心温まるアットホームな雰囲気は、“ブラバン・ディズニー!”コンサートならではだ。ツアーはこのあと兵庫、福島、大阪、広島へと続く。

主催:PROMAX/ローソンチケット/BS朝日/朝日新聞社
【市原】公益財団法人 市原市文化振興財団【大分】日田市民文化会館 パトリア日田【愛知】中京テレビ事業【兵庫】神戸国際会館
主管:Disney Concerts
後援:【千葉】bayfm【大分】日田市/日田市教育委員会
企画・制作:PROMAX

おすすめミュージック

おすすめチケット