2021年公演レポート

3月7日にツアー初日を迎えた東京公演の様子をご紹介します♪

2017年に初開催され、今年で5周年を迎える“ブラバン・ディズニー!”コンサート 2021。その東京公演が、3月7日(日)東京芸術劇場で開催されました。1〜2月に予定されていた4公演がやむなく延期となったため、この日がツアーの初日ということに。出演者もファンのみなさんも、再会できた喜びにあふれていました。

誰もが不安なときだからこそ、夢や希望を思い起こさせてくれる魔法が必要——ということで、今年のコンサートは“魔法”をキーワードにした曲が満載!まずオープニング曲は、『ファンタジア』から「魔法使いの弟子」。続く《Today’s Special》は、その日の演曲を観客の投票で決めるコーナーですが、その選択肢として、ディズニーの魔法の瞬間を彩る曲がなんと15曲も用意されているのです。投票の結果、この日は『アラジン』より「アリ王子のお通り」、東京ディズニーランド®︎より「ワンス・アポン・ア・タイム」や「東京ディズニーシー・メドレー」など計5曲が演奏されましたが、他の曲も気になる!今後の公演に行かれる方は、ぜひ投票をお忘れなく。

さらに、MCを務めるミュージカル女優の綿引さやかさんが、3曲でボーカルを披露。とくに『アナと雪の女王2』の劇中歌「みせて、あなたを」では、圧巻の歌唱力と表現力で観客を魅了しました。

他にも、ディズニーの愛の名曲を集めた《Heart of Love》や、オーケストラと観客が一緒にボディ・パーカッションを楽しむコーナーなど、企画が盛りだくさん。《教えて!オリタさん》のコーナーでは、曲の“拍子”にフォーカス。拍子が変わると、曲の印象がガラッと変わる——それをディズニーの音楽で体感しながら、指揮者のオリタノボッタさんがわかりやすく解説してくれます。客席からは曲に合わせて自然と手拍子が起こり、アットホームな雰囲気に。おなじみのディズニーソングに隠された魔法が解き明かされる……かも?

コンサートの締めくくりは、毎年お約束の「ディズニー ツムツム」のテーマ。今年は観客がステージに上がったり、楽器を演奏したりすることはできませんが、その代わり、席に座ったまま参加できるダンスが用意されています。じつはこのダンスを考えたのは、オリタさんと同じ米米CLUBのメンバーであるMINAKOさん!会場全体がひとつになる光景が印象的でした。

ツアーはこのあと5月まで続きます。ディズニー音楽のすばらしさ、吹奏楽ならではの音のきらめき、そして生演奏の迫力を、ぜひ会場で楽しんで!

主催:主催:PROMAX/ローソンチケット/BS朝日/朝日新聞社
主管:Disney Concerts
企画・制作:PROMAX

おすすめミュージック

おすすめチケット