出演

 

指揮

織田浩司 (KOJI ORITA) ORITA NOBOTTA(オリタノボッタ)

SAXPHONE、FLUTE奏者、指揮者
BIG HORNS BEE(米米CLUB)、 COLORS メンバー
九州管楽合奏団 「九管ポップス」音楽監督
フィルハーモニックウインズ大阪 ミュージックアドバイザー
洗足学園音楽大学 講師
尚美ミュージックカレッジ専門学校 講師

中学校の吹奏楽部でサックスと出会う。
アーティストのLIVEサポート、ミュージカル、森 寿男&ブルーコーツなどで活動後、90年に米米CLUBのホーンセクションBIG HORNS BEEのメンバーとなる。
以降、B.B.KING・DEEP PURPLE 、Char….国内外の数々のアーティストのレコーディング、ツアーなどプレイヤーとして多方面で活動中。
2002年にソロアルバム「PIECES OF THE MOON」をリリース、2003年に単行本「いつもそばには猫とサックス」を音楽の友社より発刊。
2005年には東宝ミュージカル「ちぎれた雲はどこへゆく」の音楽監督、そして自ら役者として出演、FMラジオパーソナリティー、雑誌の連載など活動は多岐にわたる。 自他共に認める吹奏楽好きで知られ、日本各地の学校の吹奏楽部、指導者、吹奏楽団との親交を深めている。近年では、九州管楽合奏団、フィルハーモ二ックウインズ大阪、シエナウインドオーケストラの指揮者を務めている。

演奏

シエナ・ウインド・オーケストラ(Siena Wind Orchestra)

1990年に結成されたプロフェッショナルのウインド・オーケストラ。現在、文京シビックホールを拠点に演奏活動をしており、定期演奏会のほか全国各地での音楽祭やイベントへの参加、音楽鑑賞教室等の青少年育成事業への出演、管楽器の特色を生かした多様なアンサンブルユニットによるコンサートや管楽器クリニック等を積極的に展開しており、日本を代表するウインド・オーケストラとして、また、国内吹奏楽愛好家の先頭に立つフラッグシップオーケストラとして高い人気を誇っている。
2002年より佐渡裕を首席指揮者に擁し、最近では青島広志、宮川彬良など多彩な指揮者を客演に迎えている。また、テレビ朝日系列「題名のない音楽会」には度々出演し、持ち前のユニークなパフォーマンスで毎回好評を得るなど、メディアからも注目される存在となっている。2010年10月から東京都文京区と事業提携を結び、これまでの幅広い演奏活動とともに地域や教育機関と密着した活動も積極的に展開している。これまでの活動により、第21回吹奏楽アカデミー賞を受賞。
CD・DVDも多数収録しており、最近ではエイベックスから「スパーク&シエナ2」や「スーパー・サウンド・コレクション アニメ吹奏楽」、スクウェア・エニックスから「ファイナルファンタジーⅦ×ブラバン」等をそれぞれリリースし、いずれも大きな話題を呼んでいる。

シエナ・ウインド・オーケストラ オフィシャルHP
http://sienawind.com/

MC

綿引さやか(SAYAKA WATABIKI)

2013年『レ・ミゼラブル』にてアンサンブルからエポニーヌ役に抜擢。2015年にも同役を演じる。主な出演作に『サウンドオブミュージック』『KREVAの新しい音楽劇』『ジャージー・ボーイズ』『リトル・マーメイド』『Beautiful』『SONG&DANCE65』等、多数。他、ラジオパーソナリティや『フレンズ・オブ・ディズニー・コンサート』『908 FESTIVAL』『「リトル・マーメイド」イン・コンサート』『東京ディズニーリゾート35周年”Happiest Celebration!”イン・コンサート』など、幅広く活動。2018年5月に米ロサンゼルスで行われた『「Beauty&the Beast」IN CONCERT』に出演するなど、活躍の場を広げている。

おすすめミュージック

おすすめチケット