ファイアボール チャーミング

  • いかにも遠い未来、ありふれた惑星にて___。世界は、「ハイペリオン」と呼ばれる機械じかけの貴族たちに支配されていました。これは、「テンペストの塔」と呼ばれるお城に住む、おさなき君主と、その執事による他愛のない日常を描いた物語です。彼らは、世界をほんの少しだけ正しいかたちに導けると信じていました。

キャラクター紹介

  • ドロッセル(JUNO-XIII)

    ウラノス国テンペスト領を統治する、白く輝く最新型のハイペリオン。亡き父ヴィントシュトレ卿が遺した膨大な遺産により、世界の仕組みを学習してゆく。

  • ゲデヒトニス(Tauri 32)

    古くよりフリューゲル家に仕える執事。惑星開墾用に開発された機体を持ち、先代の遺志により、新しい統治者の育成を最優先事項としてプログラムされている。

  • ユーリ

    目撃証言を元に作られた人類そっくり人形。喋る無限食卓「ポプリ」とセットで、「たのしいテーブルマナー」の商品名で販売された。ヴィントシュトレ卿統治時代の大ヒット商品。

  • ツークツヴァンク

    誰よりも古くから屋敷に存在する謎に包まれた「使用人」。9機のチームだが、それぞれ異なる性格と役割を持ち、赤、青、緑の円形でペイントされた3機がリーダーのようだ。

  • レジナルド

    フリューゲル家の書記係として、ハイツレギスタ社が開発した自走式記録装置。「点呼する小動物」の異名を持つが、悪名高い宇宙海賊キャプテン・レジナルドとの関連性は不明。


おすすめ作品