作品情報

“夢を信じる”あなたにエールを贈る、感動のファンタジー・アドベンチャー

『ズートピア』――それは、動物たちが人間のように暮らす楽園ズートピアを舞台に、“夢を信じる”ウサギの新米警官ジュディが、“夢を忘れた”キツネの詐欺師ニックとともに、楽園に隠れた驚くべき秘密に挑むファンタジー・アドベンチャー。『アナと雪の女王』『ベイマックス』のディズニーが“夢を信じる勇気”にエールを贈る、ディズニー長編アニメーション55作目となる感動作。

ユニークな世界観、観る者を釘付けにするサスペンスとアクション、そして意外性の効いたハートに満ちた物語。『アナと雪の女王』を含む数々の感動作を送り出したジョン・ラセター製作総指揮のもと、『塔の上のラプンツェル』のバイロン・ハワード監督と、『シュガー・ラッシュ』のリッチ・ムーア監督が最強タッグを組む。音楽は、『カールじいさんの空飛ぶ家』でアカデミー賞作曲賞に輝くマイケル・ジアッチーノ。また、日本版エンドソング、Dream Amiの「トライ・エヴリシング」は「失敗したって、何度でも頑張るわ!」というジュディの前向きなメッセージが込められた夢を叶えたい全ての人に贈る応援ソングとして作品のテーマにぴったりと寄り添い、物語を彩っている。

夢を信じてあきらめずに進み続ければ、きっと世界は変わる。『アナと雪の女王』、『ベイマックス』に続いてディズニーの新たな歴史を拓く感動のファンタジー・アドベンチャー『ズートピア』が、世界に希望の扉を開く。


監督からのメッセージ

この映画で描かれているのは、まさに人間の世界。

ズートピアの住人たちは、私たち人間のようなもの。
どちらも同じように、性別、年齢、学歴、出身地、見た目…そんな“違い”から生まれる様々な偏見の中で生きています。
もし、その“違い”を個性として認め合うことが出来たら、私たちの人生はもっと豊かになることでしょう。

『ズートピア』の中には、あなたに似ているキャラクターがきっといます。
ぜひ、自分自身を探してみてください。


ストーリー

そこは、動物たちの<楽園>…のはずだった。

故郷の田舎町から憧れのズートピアにやってきたウサギのジュディ。彼女の夢は、「立派な警察官になって世界をよりよくする」こと。
でも警察官になれるのは、サイやカバなどタフな動物だけ…けれどジュディは、現実の壁に立ち向かいながらも夢をあきらめず、見事“ウサギ初!”の警察官に!
しかし、サイやゾウなどの同僚たちが動物たちの連続行方不明事件の捜査に向かう中、ジュディに与えられた任務は駐車違反の取り締まりだった。能力を認めようとしないスイギュウのボゴ署長に憤慨したジュディは、驚異的な仕事ぶりを見せる。
ある日、街で困っているキツネの親子を助けたジュディだが、実は彼らは夢を信じない詐欺師のニック達であった。そんなニックに対して、騙されていたことへ腹を立てながらもジュディはあきらめない。
カワウソのオッタートンの行方不明事件が未捜査だと知ると、「私が探します。」と宣言する。ヒツジのベルウェザー副市長の後押しもあり、ボゴ署長はしぶしぶ認めるも、与えられた時間はたった48時間。失敗したらクビで、彼女の夢も消えてしまう…。
手がかりがほとんどなく、唯一の頼みの綱は事件の手がかりを握る詐欺師のキツネ、ニックだけ。最も相棒にふさわしくない二人は、互いにダマしダマされながら聞き込み調査を続け、有力情報をたよりにツンドラ・タウンの一台の車にたどり着く。その車内には、行方不明のオッタートンの痕跡が!
だが、その車はなんとツンドラ・タウンの闇のボス、ミスター・ビッグの車だった。ジュディとニックは手下に捕らわれるも、なんとか危機を逃れる。しかし、危機を乗り越えた二人を待っていたのは、ズートピアで何かが起こっていることを予感させる衝撃の光景だった!
ボゴたちが到着した時には、その証拠は消えジュディの言葉は誰にも信じてもらえない。しかも、大きな成果を得られないまま約束の48時間まで残り10時間――ついにジュディはボゴから「クビ」を宣告されてしまう。夢を失う危機に落ち込むジュディを救ったのは、ニックの意外な一言だった…。
果たして、ジュディの夢を信じる心は楽園の秘密を解き、世界を変えることができるのか?

日本版声優


上戸彩 (ジュディ・ホップス役)

‘97年「第6回全日本国民的美少女コンテスト」審査員特別賞受賞。‘00年にテレビドラマ「涙をふいて」で女優活動を開始、以降多数のドラマや映画に出演。演技力にも定評があり、「第40回ゴールデン・アロー賞最優秀新人賞」、「第27回日本アカデミー賞新人賞」、「第37回日本アカデミー賞主演女優賞」をはじめ数々の権威ある賞を受賞している。主な出演作品に、映画『あずみ』シリーズ(03, 05・主演)、『テルマエ・ロマエ』シリーズ(12, 14)、『武士の献立』(13・主演)、テレビドラマでは、NHK「いつか陽のあたる場所で」(13・主演)、「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」(14・ 主演)、「アイムホーム」(15・ヒロイン)など。他にも、CM出演、ラジオ、ライブ、書籍の発売など、多岐に亘って活躍中。


サバンナ 高橋茂雄 (クロウハウザー役)

大学在学中に学園祭で行った漫才が受け、八木真澄とコンビを結成したのがはじまり。‘94年、オーディションイベント「2丁目ワチャチャライブJr.」で初舞台を踏む。‘97年には「ABCお笑い新人グランプリ」第18回優秀新人賞を、‘09年には「BGO上方笑演芸大賞」第4回大賞を受賞。サバンナとして、テレビ「よしもとサンサンTV」「おはよう朝日です」「ヒルナンデス!」などのレギュラー番組を持つ。「ルミネtheよしもと」「よしもと祇園花月」の舞台に立つほか、映画、ドラマ、CM、DVD、出版など、多方面で活躍中。


芋洗坂係長 (マイケル・狸山役)

‘89年にお笑いコンビ「テンション」を結成。バラエティ番組で活躍。‘93年にコンビ活動を休止してからは、役者・演出家・脚本家・振付家としても活動する。‘08年「R1グランプリ」準優勝、‘09年「芸人歌がうまい王座決定戦Vol.12」優勝。主な出演作に、「徹子の部屋」「笑点」「未来広告ジャパン」「エンタの神様SP」、舞台「カーテンズ」「龍が如く」「ライ王のテラス」などがあり、幅広いジャンルで活躍中。


Dream Ami(ガゼル役)

‘03年、dream(現Dream)に加入しデビュー。‘11年よりガールズ・エンタテインメント・プロジェクト“E-girls”の中心メンバーとしても活動。‘15年には、シングル「ドレスを脱いだシンデレラ」をリリースし、E-girlsでは初のソロデビューを果たす。音楽活動のみならず、多数のTV番組に出演するほか、ラジオのレギュラーパーソナリティを務めるなど、幅広く活動中。本作で「トライ・エヴリシング」を歌う、ズートピアの美しき実力派ポップスター ガゼルの日本語吹替も担当している。


キャスト
ジュディ・ホップス:
ジニファー・グッドウィン/上戸彩
ニック・ワイルド:
ジェイソン・ベイトマン/森川智之
ボゴ署長:
イドリス・エルバ/三宅健太
ベルウェザー:
ジェニー・スレイト/竹内順子
クロウハウザー:
ネイト・トレンス/高橋茂雄(サバンナ)
ライオンハート市長:
J・K・シモンズ/玄田哲章
ガゼル:
シャキーラ/Dream Ami
フラッシュ:
レイモンド・S・パーシ/村治学
マイケル・狸山(日本版オリジナルキャラクター)/
芋洗坂係長
日本版エンドソング
♪トライ・エヴリシング/Dream Ami
スタッフ
監督:
バイロン・ハワード、リッチ・ムーア
共同監督:
ジャレド・ブッシュ
製作:
クラーク・スペンサー
製作総指揮:
ジョン・ラセター
ストーリー:
バイロン・ハワード、ジャレド・ブッシュ、リッチ・ムーア、ジョシー・トリニダード、ジム・リアドン、フィル・ジョンストン、ジェニファー・リー
脚本:
ジャレド・ブッシュ、フィル・ジョンストン
編集:
ファビアンヌ・ローリー、ジェレミー・ミルトン
音楽:
マイケル・ジアッチーノ
アソシエイト・プロデューサー:
ブラッドフォード・S・シモンセン、モニカ・ラーゴ=ケイティス
ビジュアル・エフェクト・スーパーバイザー:
スコット・カーサヴェイジ
プロダクション・デザイン:
デヴィッド・ゲッツ

おすすめ商品

おすすめミュージック