作品情報

ディズニーの幻の名作が甦る、感動の冒険ファンタジー!

本作は1977年アメリカで公開され、『メリー・ポピンズ』のように実写とアニメーションが融合したディズニー作品『ピートとドラゴン』(日本未公開/デジタル配信中)を“映像テクノロジー”という名の現代の魔法で甦らせた新たな物語。監督は、俳優や脚本家としても注目を浴びている気鋭のデヴィッド・ロウリー。そして視覚効果は「ロード・オブ・ザ・リング」3部作でアカデミー賞(R)視覚効果賞に輝き、その名を不動にしたWETAデジタル社が担当し、伝説の生物であるドラゴン“エリオット”の壮大且つ美しく愛らしい姿を、見事に創り上げています。
主人公のピート役には、世界中を探し回り、数万人の子供たちの中から選ばれたシンデレラボーイ:オークス・フェグリー。また、ピートを優しく支え、母のように自然や森を愛する女性グレース役には「ジュラシック・ワールド」のブライス・ダラス・ハワード、グレースの父であり森の管理人ミーチャム役には、名優ロバート・レッドフォードという夢の共演が実現しました。


ストーリー

家族旅行中に不慮の事故に遭い、一人森の奥深くに迷い込む5歳の少年ピート。彼を助けたのは、モフモフの毛に覆われた大きな生き物だった。怯えるピートをその生き物は両手でやさしく包み、大空へ羽ばたいていく。
その後6年間、人と関わることなく深い森で暮らしてきたピートだが、実は彼には誰にも言えない秘密の友達“エリオット”がいた。
ピートにとってエリオットは言葉が話せなくても心が通じる、家族同然の存在。森の中での二人きりの生活は、毎日がわくわくする冒険の連続だった。この夢のような日々はずっと続くと思っていたが、森を守るために様々な調査を行うグレースとの出会いがきっかけで、伝説でしかなかったはずのエリオットの存在が人間たちに知られてしまうことに…。
ピートとエリオットのかけがえのない絆は今、小さな町に、そしてグレースの心に、奇跡を起こそうとしていた…果たして、ピートとエリオットは再び幸せに暮らすことができるのか!?

キャスト

グレース:ブライス・ダラス・ハワード/甲斐田裕子
ミーチャム:ロバート・レッドフォード/勝部演之
ピート:オークス・フェグリー/藤村真優
ナタリー:ウーナ・ローレンス/松澤可苑
ジャック:ウェス・ベントリー/高橋広樹
ギャヴィン:カール・アーバン/宮内敦士

スタッフ

監督:デヴィッド・ロウリー
脚本:デヴィッド・ロウリー&トビー・ハルブルックス
原案:マルコム・マーモスタイン
製作:ジム・ウィテカー
製作総指揮:バリー・M・オズボーン
撮影監督:ボジャン・バゼリ(ASC)
プロダクション・デザイン:ジェイド・ヒーリー
編集:リサ・ゼノ・チャージン(ACE)
音楽:ダニエル・ハート
共同製作:アダム・ボルバ

おすすめ商品

おすすめミュージック