無題ドキュメント
  • 桑田真澄さん(野球評論家)
    『美女と野獣』はストーリーが大好きで、今まで何度も観てきました。
    実写版の映像は、想像以上に完成度が高かったですね。とくに心を揺さぶられたのはエンディングです。今回も、家族の横で涙を流してしまいました。
  • 小池百合子さん(東京都知事)
    久々に映画館で映画を観たが、夢が溢れた素敵な作品だった。男女の愛だけでなく、親子の愛にも学ぶべき点が多い。
    自分の好きな事を貫くベルは応援したくなる存在。全く違和感のない吹替版も素晴らしい。
  • 西島隆弘(AAA)さん(アーティスト)
    実写化というのはどうしても無理な部分がでてくる、と言われがちですが、「実写化」という難易度を超えているというか、むしろオリジナル作品と言っても良いくらい素晴らしかったです。

    どの場面を見ても高度な技術で展開されていて、それでいて、しっかりと親しみやすい、暖かさがあるストーリー展開。そして、「Real」と「Fantasy」がちゃんと合体していて、そこには「Music」が万国共通に、Heartを刺激してくれていて。芝居中に歌おうが、喋る食器があろうが、殆んどが現実社会ではない世界観なのに、全てがNaturalだった事に、感動して、泣きました。
  • 宇野実彩子(AAA)さん(アーティスト)
    子供の頃から大好きだったシーンは、見事な迫力で目を瞑れば思い出すほどに鮮やかに美しくなって、幼かったあの頃よりも私の心はもっと踊り、名曲達は色を変えてさらに輝いて、お馴染みの大好きなメロディーを口ずさみながらファンタジーに酔いしれる時間は、現代を生きる私の日常に大きな喜びと幸せをくれました
  • 益若つばささん(モデル・商品プロデューサー)
    小さい頃から何度も何度も原作のアニメーションを観てきた大好きなお話『美女と野獣』。実写版のキャラクターの忠実な再現にもビックリしました。ベルの「変わり者」と村の人に言われてもブレない芯の強さや美しさがエマにピッタリで、ダンスのシーンでは美しすぎて涙が出ていました。野獣の王子の心の変化や感情はアニメより深く描かれていてまさに現代版『美女と野獣』でした。また改めて大好きな人達と観たい映画です。
  • 安倍寧さん(音楽評論家)
    進化し続けて来たディズニー『美女と野獣』は遂にその頂点に立った。
  • 宮本亜門さん(演出家)
    号泣した!ノックアウト!
    俳優たちの演技、音楽、そして演出、全てが愛情に溢れている。
    リメイクだと思ったら大間違い!未来を感じる映画です。
    今の時代にぴったりな、想像を超える名作の誕生です。
  • 岸本セシルさん(モデル)
    小さい頃から大好きな作品だったので、すごく楽しみにしていました。
    実写化も期待以上で、キラキラした世界も素敵で、胸がトキメキました。
    本当の愛を感じる事ができるのでカップルにぜひ見てもらいたいです!
    何回でもまた観たい!
  • 久住小春さん(モデル/女優)
    ファンタジーなのに、リアルな所が良かったです。
  • 堀田茜さん(モデル/女優)
    映像がとにかく美しく、終始世界観に圧倒されまくりでした。
    エマ・ワトソンの歌声もすごくキレイで魅了されっぱなしでした。
    プリンセスものやアニメーションが苦手な人でもゼッタイに楽しめるクオリティーでした。
  • 山賀琴子さん(女優)
    エマ・ワトソンさん演じる、ベルの勇敢で強くて心が美しいところが本当に素敵で魅力的でした。
    野獣の表情が豊かで、ベルとの会話のちょっとしたリアクションもかわいくてキュンとしました♥
    内面の美しさや、本当の愛を大切にしたい!と思わせられる素晴らしい映画です。
  • 中田みのりさん(モデル)
    原作と同じところが忠実に再現されていましたし、原作では描かれていなかったストーリーや歌も新しい気持ちで楽しめました
  • 片瀬那奈さん(モデル、女優)
    子どもの頃から、ベルの性格、生き方が大好きなんです。ベル役のエマ・ワトソンは本当に可愛くて、自立した聡明なベルを絶妙に演じていました!
    小さな子どもから大人まで、いまを生きる女性たちにぜひ観てほしい、現代版『美女と野獣』です。
  • 川島海荷さん(女優)
    アニメーション版が好きでとても期待していましたが、期待以上でした! エマ・ワトソン演じるベルは可愛くて、かっこよくて、まさに美女。 観ただけで内側からきれいな女性になれる。そんな、心がゆたかになる映画です!
  • 藤井隆さん(プレミアム吹替版 ル・フウ役)
    ベルをおもてなしする晩餐会のシーンがどんな風になっているのだろうと楽しみに観ました。
    エンドロールも「物語が終わる」って感じで観入ってしまいました。
    本当の勇気も心の中にあると教えてくれる映画です。
  • 大久保ヒロミさん(漫画家)
    ストーリーはもちろん、素晴らしすぎる映像と音楽・・・。
    ”城が生きている”というセリフがありますが、
    映画全体が隅々まで生きています!最高です!
  • 藤田俊太郎さん(演出家、絵本ロックバンド虹艶Bunnyメンバー)
    あらゆる制約や状況の中で生きるということ、乗り越えて生きていくということ―まるで僕らの日常の中にあるファンタジーのようでした。ビル・コンドン監督の演出に感動しました。
    野獣役の山崎育三郎さん、ベル役の昆夏美さんをはじめとする吹替えキャスト皆さんの歌、演技、ドラマが震えるほど美しかったです。観終えた後に、野獣に感情移入して泣いていた自分に気がつきました。
  • Beverlyさん(アーティスト)
    『美女と野獣』は私にとってずっとマジカルな作品でした♥
    今回の実写版も私をとりこにする最高で愛すべき作品でした。一番のシーンはやっぱりボールルームのシーンで本当にロマンティック!
    ハッピーな気持ちになり、そして感動で思わず泣いてしまいました。
    本当最高の作品♥
  • Miracle Vell Magicさん(アーティスト)
    私はこの作品を観るために今日まで生きてきたんだ、と思いました。最初から最後まで、すべてのシーンで涙を流していました。ベルの心の美しさ、強さ、やさしさが胸が苦しくなるほどに伝わってきて、表れていて、私もこうでありたい!と強く思いました。
    ずっとベルのようになりたいと思って生きてきたので、とにかく胸がいっぱいでいっぱいで・・・幸せです。
  • May J.さん(アーティスト)
    とてもすばらしかったです!小さい頃から毎日のように見ていたストーリーが、再びこの映画で私の中で生まれ変わりました。
    野獣が歌う曲を聴いて、改めて彼の持つ優しさを知り、更に好きになりました!
    新曲も含め、全ての曲がすばらしく、映画を観ながら一緒に歌いたくなりました。
  • 超特急1号車 コーイチさん(アーティスト)
    まるで、ディズニーの世界が目の前に広がっているかのような、映像の美しさと壮大さと繊細さに心打たれた。
    ベルの勇ましさ、行動力に、観ている僕も勇気をもらえたし、王子の”愛”を知っていく過程には、自分も重ねるところがあり感動しました
    ぜひたくさんの人に観ていただきたいです!
  • 超特急2号車 カイさん(アーティスト)
    まるで、アニメーションの映像がそのまま現実世界に出てきたかのような美しさ。細部へのこだわりが観ていてとても感動しました。
    また、なんといっても、アラン・メンケンさんの曲!僕自身ディズニーの映画が大好きで、たくさん観ているのですが、この『美女と野獣』の曲は個人的に今までで一番と言っていいほど素敵でした。本当に素敵な美しい映画でした。
  • 超特急4号車 タクヤさん(アーティスト)
    どこか自分に自信がつく、そんな映画でした。
  • 超特急5号車 ユーキさん(アーティスト)
    愛とはなにか?真実の愛に気付かせられました。音楽の力のすごさを改めて感じました。言葉のない愛もある。そしてなによりも「人は変わった時に、過ちに気付く。」この言葉の深さに心やられました。
    とにかく「愛」の力をこの目で焼き付けていってください。
  • 超特急6号車 ユースケさん(アーティスト)
    壮大なミュージックとストーリーに心打たれ、用意したポップコーンとオレンジジュースを一口も口にすることなく映画を観終わってしまいました。それほど感動し、心揺さぶられる作品であり、心の底からたくさんの人に愛されてほしい作品だと思いました!
  • 超特急7号車 タカシさん(アーティスト)
    美しい世界でした。作品はアニメーション映画の頃から存じていたので、幼い時の感動が蘇ってきました。再現度、音楽、世界観、どこを選べと言われても難しい質問です。それ程「美女と野獣」の世界を楽しませて頂きました。「愛ってこんなに美しいんやな!」そう思いました。
  • Soweluさん(アーティスト)
    凄く感動しました。元々ディズニーの中で『美女と野獣』は大好きな作品の一つで、
    実写化されるのを心待ちにしていました。実写版は期待以上に素晴らしく、
    エンディングは涙が止まりませんでした。
  • 丘山晴己さん(俳優)
    『美女と野獣』は、僕自身がブロードウェイに携わる前に観た作品のひとつであり、実写版ではどうなるんだろうと思っていたのですが、新しい音楽や風景など、舞台上だけで表現できない事が、画面に出て来てすごく感動しました。
    ビーストの表情が豊かで愛らしいし、エマ・ワトソンさんも魅力的でリアルな素朴さを見事に表現され、歌も素晴らしかったです。全てに対して全てが豪華でした!
  • 小林豊さん(BOYS AND MEN)(俳優・歌手)
    究極の愛に心がギュッ。と締め付けられました!
  • 小野賢章さん(俳優、声優、歌手)
    好きなら好きでいいとか、大切なことってシンプルだと改めて教えてくれる作品。普段自分がいかに深く考えすぎていたかなと気付かせてくれました。
    そして、とにかくエマ・ワトソンがかわいい!ハリー・ポッターの吹替を担当していたのでエマのことは幼い頃からずっと観ていますが、もうハーマイオニーの頃のイメージとは違いました。
  • 湖月わたるさん(女優:元宝塚歌劇団星組 トップスター)
    物語が始まった瞬間から、映像の美しさに心奪われました。そして俳優の皆さんの素晴らしい演技と歌声...。
    想像を遥かに超えた実写版『美女と野獣』。必見です!
  • 池田優斗くん(プレミアム吹替版 チップ役)
    とても映像が綺麗で、すぐに物語の世界に引き込まれました。映画の中で流れる曲はどれも、心に残るメロディだったり歌詞で、大好きです。観終わったあと、もっとこの続きをみたいと思うくらい感動しました。僕は3Dでこの『美女と野獣』を観たのですが、2Dや4Dでも観てみたいと思いました。
  • マキヒロチさん(マンガ家)
    少女の時にアニメーションを観ていた人は新たな発見があると思う。内容は知っていても、アニメーションとは違う感動が絶対にあると思うんです。だから私と同じように、「『美女と野獣』の話なんてもう知ってるよ!」って人に是非観てほしいですね。
  • 岩崎宏美さん(プレミアム吹替版 ポット夫人役)
    勇敢で愛らしいベル、恋には臆病な野獣。
    そんな2人を温かく見守る私たち、お城の住人たちの活躍もお見逃しなく!
    美しい映像と贅沢なサウンドも合わせてどうぞお楽しみください。
  • 江野沢愛美さん(モデル・女優)
    ベルが黄色いドレスを着た瞬間、涙があふれだしました!
  • 小倉久寛さん(プレミアム吹替版 コグスワース役)
    『美女と野獣』ホントに素敵なお話ですねぇ。
    人は見掛けだけじゃないのです。僕はとっても勇気づけられました。
    皆様、ぜひご覧になって下さい。『美女と野獣』が大ヒットして、イケメンブームのかわりに野獣ブームがくるかも・・・。
  • 川栄李奈さん(女優)
    エマ・ワトソン演じるベルは一瞬も目が離せないほどステキでした!
  • 霧矢大夢さん(女優)
    かつて『美女と野獣』の野獣を演じたので、アニメーション、劇団四季からジャン・コクトーの映画まであらゆるものを観ていますが、今回の実写版も本当に素晴らしいと思いました。
    立体的に繰り広げられる世界は圧倒的です!
  • 昆夏美さん(プレミアム吹替版 ベル役)
    音楽の素晴らしさ、映像の美しさ、細部までこだわり尽くされた演出。
    ただのアニメーションの実写化というだけではない魅力と感動で溢れたこの作品は、今後永遠に語り継がれていく映画だと思います。
    是非大切な方とこの「愛の物語」をご覧下さい。
  • 紗蘭さん(モデル)
    とにかくエマ・ワトソンがかわいすぎる!愛が足りない人に観てほしい映画です。恋愛をしたことがない人や、彼氏彼女がいる人も、最近別れた人も。誰でも“愛の心”を持っているはずだから、みんなにおすすめしたい!
  • 島田歌穂さん(プレミアム吹替版 プリュメット役)
    想像以上の素晴らしい映像に、ただただ感動しています。一瞬一瞬、画面の隅々まで、繊細に、ダイナミックに、深い深い愛をこめて綴られた、これは本当に歴史的な実写版だと思います!
    一人でも多くの方に、この感動をお届けできますように!と願っています。
  • 辛酸なめ子さん(漫画家・コラムニスト)
    まるでテーマパークのような作品!世間に流されないベルや、ギャップ萌えの野獣をどんどん好きになっていきました。
    観たあとは男女ともに、人を見かけで判断する価値観からきっと解き放たれます。
  • 成河(そんは)さん(プレミアム吹替版 ルミエール役)
    映画の感動が今でも忘れられません!ディズニー映画を見慣れている人もそうでない人も、きっと大きな満足を得られる作品です!お楽しみに。
  • てんちむさん(YouTuber)
    全てがキレイで見とれてしまいました!
    人を愛することって素晴らしいことだなと思いました!
    人に流されないことも大切だと思いました!
  • 濱田めぐみさん(プレミアム吹替版 マダム・ド・ガルドローブ役)
    全部のキャラクターが生命力と希望に満ち溢れキラキラしている。映像の美しさと躍動感と素晴らしい音楽の中で、生きるとは?愛するとは?人生で一番大切なメッセージを強烈に受け取った。
    今回は 四季時代に経験したベルを、チャーミングでお洒落で品のあるマダム・ド・ガルドローブで見守ります!
  • mamさん(モデル)
    『美女と野獣』は本当の“愛”を見つけられる映画です!歌にも着目して観てほしいです。短い歌詞のなかに気持ちがギュッとつまっていて、いろいろなキャラクターそれぞれの気持ちが伝わってくるので、ミュージカルという視点でもおすすめですね。
  • mimさん(モデル)
    野獣の気持ちに入り込んでしまって、涙が止まらなかったです。ベルのことを一途に想う気持ちが切なくて…。最初は乱暴だけれど次第に心が開かれていくので、愛の力ってあるんだと思いました。衣装もきらびやかで、おしゃれ好きな子は特に楽しめると思います。
  • 宮本彩菜さん(モデル・クリエイター)
    小さな頃から何百回と観ているくらい大好きな『美女と野獣』。
    もう「朝の風景」から涙でした。 実写化する意味をみせてくれました!
    自分の道を突き進むベルに共感しました。
  • 村井國夫さん(プレミアム吹替版 モーリス役)
    人間の美しさ、正しさ。何が美しくて、何が醜いかを考えさせられる作品でした。
    野獣の持つ愛の深さ、自己を犠牲にしてベルを守る姿に涙。
    愛の深さを美しく、見事に描いたこの作品に声優として参加できて幸せでした。
  • 山崎育三郎さん(プレミアム吹替版 野獣役)
    想像を遥かに超えた、美しい世界に魅了されました。
    今まで語られることのなかった野獣の幼少期が描かれ、更に新曲「ひそかな夢」が入り、野獣の心情がより繊細に伝わります。女性はもちろん、男性にも共感して頂ける作品になりました。改めて、この作品に携われたことを誇りに思います。
  • ゆうたろうさん(モデル)
    不器用ながらもベルを想う野獣のギャップに胸キュンしました!
  • 吉原光夫さん(プレミアム吹替版 ガストン役)
    声の役ではガストンでしたが、映画を観ている最中は野獣に感情移入…
    なんかあのワガママな感じ、すぐキレる感じ、上手く言葉や行動に表せない感じに…
    真実の愛を求める全ての男性にオススメ!!
    もちろん、エマ・ワトソン演じるベルの、強く、潔く、暖かい、女性感にも共感しました~
  • 遼河はるひさん(女優・タレント)
    物語・歌詞・メロディーの素晴らしいトライアングル!
    ベル、野獣、お城の召使いたち、それぞれの役に入り込んでしまいました。
    ぜひ素直な気持ちで観に来てほしいですね、粗を探してもムダだぞ!と言いたい(笑)。
    観ようとしなくても、心で感じてしまいますから。
  • 映像の圧倒的美しさに感動しました。特に、ボールルームでのロウソクと光の表現には思わず涙が。。。ル・フウがいい味出していて笑えました。個人的に一番すきなキャラです!(会社員)
  • アニメーションより、ゴージャスで艶やかでした!(会社員)
  • アニメーションとは違った魅力もあり、いっぱい泣いてしまいました。やっぱりステキな作品でした。みんなそれぞれキャラクターも違ってすごく良かったです。(会社員)
  • モーリスとポット夫人、ベルが存在感たっぷりでステキでした!(編集者)
  • あの名作の感動がそのままに、さらにスケールアップ。主演のエマ・ワトソンも美しく、歌声もキレイで、目が離せません。(ディレクター)
  • 何度でも見たいと思える作品でした。
    特に、ベルを想うときの野獣の優しい目がとても印象的です。
    また、それぞれの衣装、お城の装飾品が一つ一つ繊細に作られており、豪華で圧巻でした。(タレント)
  • 久々に泣いた。とにかく幸せな気分になる映画。男泣きだ。(落語家)
  • アニメーションも、ミュージカルも大好きな作品ですが、新たな要素がストーリーにも音楽にも加わって、とても見ごたえがありました。アラン・メンケンの曲にまた心が震えました!(新聞記者)
  • 夢のような2時間でした。心から楽しめる素敵な映画でした!!!(メディア関係)
  • 完成度が高くてビックリ。映像が美しくて、スクリーンからキラキラと魔法の粉をかけてもらっているようで、幸せの粉を体中に入れてもらったようで、観終わった後、なんだか泣きたいほど幸せにしてもらいました。
    人生の中で、何回も観たくなる作品のひとつになりました。(パーソナリティ)
  • 『美女と野獣』は子供の頃から好きで実写化されると聞いてとても楽しみにしていましたが、本当に素晴らしかった!!2時間ずっとわくわくしっぱなしだった。歌も映像もとてもきれいでうっとりでした。
  • 音楽が涙が溢れそうになるほど素敵でした。鳥肌立ちました。 キャストもこれ以上にないほどハマっていると思います。優しい気持ちになれました。人と違うことを誇りに思いたい!(会社員)
  • ディズニー映画を初めてスクリーンで見たのですが、映像だけでなく、音の臨場感と迫力は、スクリーンで見ないと味わえない感動でした。(会社員)
  • ディズニーでなければ成し得ない佳作。全ての年齢層が自分の中の夢に再び出会える2時間。(TVプロデューサー)
  • エマ・ワトソンの歌声が素晴らしく、新たに加えられた歌曲もすべて素晴らしかった。脇役の物語、ベルの生い立ち・・・実写にした意味がわかった。
  • 大人になって実写映画をあらためて観て考えさせるものがあったし、何より映像・音楽・すべてがステキでした。
  • 万華鏡のような華やかさとキラキラのオープニングで一気に物語に引き込まれました。ベルのバックグラウンドエピソードもあり、ストーリーに厚みがあり、見ごたえがありました。音楽も素晴らしくとても迫力ある映画でした。
    アニメだから・・・と思っていたことを実写でここまで!!とびっくりです。
  • 最後の30分がすごく良かったです。特に「野獣の歌」が本当に愛しているからこそ・・・という気持ちが伝わって大変共感できました。「Be Our Guest」のシーンも華やかで楽しかったです。実写で観られてうれしく、また、想像を超えた仕上がりでした。(営業)
(順不同)

おすすめ商品

おすすめミュージック