作品情報

ディズニー/ピクサー劇場公開作。
それは、勇気を見つけるための冒険。

もしも、隕石がほんのわずかの差で地球にぶつからなかったとしたら…。もしも、絶滅どころか進化を続けた恐竜たちが文明と言葉を持つ世界で人間と共存していたとしたら…?
ディズニー/ピクサーが創り出した太古の世界。身体は大きいのに弱虫な恐竜アーロと、小さくてもたくましい少年スポットが主人公。圧倒的な大自然の中で育まれる彼らの“初めて”の友情と勇気、そして、アーロを想う父や家族の愛情が心に温かい、感動のアドベンチャー・ファンタジーです。

『トイ・ストーリー』に始まり、数々の作品で“友情”を通しての冒険や感動を描き続けてきたピクサーが、スタジオ創立30周年の記念すべき年に放つ、誰もが共感できる新たな友情の物語。そして、新しい世界に一緒踏み出そうとするすべての人に、勇気とエールを贈る作品。


ストーリー

今から6500万年前、地球に巨大な隕石が接近。しかし、隕石はわずかにそれて、地球に衝突しなかった―。
ある日、山のふもとで農場を営むアパトサウルスの夫婦に、子供が生まれた。最初に卵の殻を破って出てきたのは元気な女の子《リビー》。続いて、やんちゃな男の子《バック》。最後に残ったとびきり大きな卵から出てきたのは、小さくて臆病な《アーロ》。子供たちはすくすくと成長するも、怖がりのアーロは鳥に餌をやることさえできず、兄姉にからかわれてばかり。そんなアーロがパパから与えられた新しい仕事は、大切な食糧を盗む“生き物”を捕まえること。
やる気いっぱいのアーロだったが、ワナにかかったのは人間の少年だった。その初めて出会う人間に驚きながらも、情をかけて逃がしてしまう。そんな弱虫で、父親に甘えてばかりだったアーロは、激しい嵐で最愛の父親を亡くし川に流されて見知らぬ土地で目覚める。迷子のアーロを救ってくれたのは、食糧を盗んでいた“生き物”=人間の少年《スポット》だった。
言葉も通じないのに、小さい体で一所懸命にアーロを守ってくれるスポット。最初は反発しながらも、やがてアーロはスポットに少しずつ心を開いてゆく。そうしてふたりは、アーロの家族が待つ家を目指し冒険の旅を始めるが、彼らの行く手には想像を絶する大自然の脅威や敵が待ち受けていた。力を合わせて困難を乗り越えていくうち、ふたりは言葉を超えた心で通じ合う、人生初の友だちになっていく。だが、運命はふたりを引き裂こうとしていた―。
果たしてアーロとスポットは、このままずっと一緒にいられるのか。冒険の先にふたりが見つけた、大切なものとは?

キャスト

ママ:
フランシス・マクドーマンド/安田成美
ブッチ:
サム・エリオット/松重豊
ナッシュ:
A・J・バックリー/八嶋智人
ラムジー:
アンナ・パキン/片桐はいり
アーロ:
レイモンド・オチョア/石川樹
スポット:
ジャック・ブライト
パパ:
ジェフリー・ライト/山野井仁
ペット・コレクター:
ピーター・ソーン/かぬか光明

スタッフ

監督:
ピーター・ソーン
製作:
デニース・リーム
製作総指揮:
ジョン・ラセター、リー・アンクリッチ、アンドリュー・スタントン
脚本:
メグ・レフォーヴ
音楽:
マイケル・ダナ、ジェフ・ダナ
プロダクション・デザイン:
ハーレイ・ジェサップ
撮影監督(ライティング):
シャロン・キャラハン
セット・スーパーバイザー:
デヴィッド・ムニエー

日本版エンドソング

♪Best Friend ~Mother Earth Version~/Kiroro

日本語吹替版キャスト


安田成美 (ママ役)

1966年11月28日生まれ。東京都出身。1981年のCMデビュー以来、多くのTVドラマや映画で活躍。日本アカデミー賞で二度の主演女優賞受賞の他、様々な賞を受賞、2009年にはベストマザー賞にも輝いた。近年の作品は、CX系列ドラマ「前科ありの女たち」(14)、映画「HOME 愛しの座敷わらし」(12)、「王妃の館」(15)など。二男、一女の母。


松重豊 (ブッチ役)

1963年1月19日生まれ。福岡県出身。大学在学中より演劇活動を開始し、舞台、TVドラマ、映画、ナレーションなどに多数出演。「しゃべれども しゃべれども」(07)で第62回毎日映画コンクールの男優助演賞を、「ディア・ドクター」(09)で第31回ヨコハマ映画祭の助演男優賞を受賞。近年では、2012年スタートの「孤独のグルメ」が大人気となり、シリーズ化されている。


八嶋智人 (ナッシュ役)

1970年9月27日生まれ。奈良県出身。劇団カムカムミニキーナの旗揚げから参加。多くの舞台や、「怪物くん」(11)、「HERO」(14)、「マッサン」(15)等のTVドラマで活躍する傍ら、バラエティ番組でもその話術を生かしたMCや、ラジオのパーソナリティーなど、幅広く活躍中。


片桐はいり (ラムジー役)

1963年1月18日生まれ。東京都出身。劇団入団を機に役者としての活動を開始し、多くのドラマ、映画、舞台に出演。NHKドラマ「あまちゃん」(13)、「昨夜のカレー明日のパン」(14)、「富士ファミリー」(16)や、映画「小野寺の弟・小野寺の姉」(14)、「繕い裁つ人」(15)、「ジヌよさらば」(15)等の出演も記憶に新しい。

おすすめ商品

おすすめミュージック