キャスト

NYを拠点に活躍するヴォーカリストたちと、フルオーケストラの演奏でお贈りします。

★プルミエ・コンサート

コンサートツアーの幕開けを記念し、<プルミエ(初日公演)限定>特製グッズ(非売品)をご来場者全員にプレゼント!!
「プルミエ」とは特にヨーロッパで使われ、オペラやバレエの初日(初演)のことを表す言葉です。
初日ならでは緊張感や期待であふれる「プルミエ」公演、ツアー幕開けの感動を、会場でご堪能ください。

★ファイナル・コンサート

約3ヶ月間におよぶ夢のツアーを締めくくる感動のコンサート!
9月の公演から回数を重ねるにつれて、どんどん変化を遂げていくディズニー・オン・クラシック。
指揮者、オーケストラ、ソリスト、そしてお客様の熱い熱い思いは、クライマックスを迎えます。
特別なセレモニーを皆様と共有し、ツアーのフィナーレを一緒にお祝いしましょう!

★スペシャル・コンサート

オーケストラの規模が大きくなった編成でお贈りするコンサート。
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスなどの弦楽器の数を増やすことで、
より迫力の増したアコースティック・サウンドを充分にお楽しみいただけます。
楽器本来の音色やクラシックコンサートホールならではの美しい響きを存分にお楽しみください。

★ディズニー・ヴィランズ・スペシャル

 

プログラムの一部を、特別プログラム「ディズニー・ヴィランズ・スペシャル」に変更してお贈りします。
恐ろしくもコミカルなコーラスや、妖しく美しい輝きを放つ楽曲など、個性的な悪役の魅力が詰まった、スリルと迫力満点のステージ!

★クリスマス・スペシャル

プログラムの一部を、特別にプログラムされた“クリスマス・コレクション”でお贈りします。
「クリスマス・スペシャル」で演奏される曲目は、公演当日のお楽しみ♪
とっておきのクリスマスをお楽しみください!

★クラシック専用ホール公演

クラシック専用ホールのため、照明や映像の演出はございません。

★プルミエ・コンサート

コンサートツアーの幕開けを記念し、<プルミエ(初日公演)限定>特製グッズ(非売品)をご来場者全員にプレゼント!!
「プルミエ」とは特にヨーロッパで使われ、オペラやバレエの初日(初演)のことを表す言葉です。
初日ならでは緊張感や期待であふれる「プルミエ」公演、ツアー幕開けの感動を、会場でご堪能ください。


★ファイナル・コンサート

約3ヶ月間におよぶ夢のツアーを締めくくる感動のコンサート!
9月の公演から回数を重ねるにつれて、どんどん変化を遂げていくディズニー・オン・クラシック。
指揮者、オーケストラ、ソリスト、そしてお客様の熱い熱い思いは、クライマックスを迎えます。
特別なセレモニーを皆様と共有し、ツアーのフィナーレを一緒にお祝いしましょう!


★スペシャル・コンサート

オーケストラの規模が大きくなった編成でお贈りするコンサート。
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスなどの弦楽器の数を増やすことで、
より迫力の増したアコースティック・サウンドを充分にお楽しみいただけます。
楽器本来の音色やクラシックコンサートホールならではの美しい響きを存分にお楽しみください。


★ ディズニー・ヴィランズ・スペシャル

プログラムの一部を、特別プログラム「ディズニー・ヴィランズ・スペシャル」に変更してお贈りします。
恐ろしくもコミカルなコーラスや、妖しく美しい輝きを放つ楽曲など、個性的な悪役の魅力が詰まった、スリルと迫力満点のステージ!


★クリスマス・スペシャル

プログラムの一部を、特別にプログラムされた“クリスマス・コレクション”でお贈りします。
「クリスマス・スペシャル」で演奏される曲目は、公演当日のお楽しみ♪
とっておきのクリスマスをお楽しみください!

指揮・編曲

ブラッド・ケリー

「ディズニー・オン・クラシック 〜まほうの夜の音楽会」の第1回(2002年)よりタクトをとる傍ら楽曲のアレンジなど精力的に手掛け、また日本の聴衆の心を見事に掴んで、毎年のコンサートを大成功へと導いてきた。
ディスニーの多数プロジェクトに参加しており、東京ディズニーシー®の「ミスティックリズム」「ドナルドのボートビルダー」「アンコール!」なども氏の手によるもの。
来日回数は数え切れず、日本文化と日本食をこよなく愛している。

ヴォーカル

ディズニー・オン・クラシック・スターズ

ディズニー・オン・クラシックの歴史の中で数多く出演した、NYブロードウェイで活躍するヴォーカリストたちを中心に結成された、ディズニー・オン・クラシック・スターズ!

アーロン・ヤング/Aaron Young

ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』のサーシャ役として、ニューヨーク・ブロードウェイの舞台に立つ。全米ツアー『キャバレー』に参加。また、地方公演では、『レ・ミゼラブル』のアンジョルラス役、『南太平洋』のジョセフ・ケーブル役、『サウンド・オブ・ミュージック』のロルフ役、『R&H シンデレラ』のプリンス役、『グリース』のユージーン役、『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』のジョセフ役、『フットルース』のビックル役、『アニーよ銃をとれ』など、 多数出演。「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2011」には、『魔法にかけられて』のエドワード王子役として出演し、「そばにいて」の甘く切ない歌声で観客を虜にした。


ジョン・ラプソン/John Rapson

『レ・ミゼラブル』のブロードウェイ公演および25周年記念全米ツアーにバマタボワ役として出演。最近では、「ア・ジェントルマンズ・ガイド・トゥ・ラヴ・アンド・マーダー」の全米ツアーに参加している。過去には『スウィーニー・トッド』、『コーラスライン』のザック役、『フットルース』、『ガイズ&ドールズ』の ナイスリー・ナイスリー・ジョンソン役、『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』のファラオ役など、多数のミュージカル作品に出演した経歴を持つ。「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2012」では『アラジン』のジャファー役を演じ、会場内に響き渡るバリトン・ヴォイスで観客に強い印象を残した。


ギャレン・マックロバーツ/Garen McRoberts

ウィスコンシン州出身。ミュージカル『大草原の小さな家』のオリジナルキャストとして、米国ツアーに参加。米国各地で、『ロッキー・ホラー・ショー』(ロッキー役)、『モダン・ミリー』(ジミー・スミス役)、『ピピン』(ピピン役)、『南太平洋』など数々のミュージカルに出演。また、『リップスティック・ジャングル』(米NBC)を始めとするテレビドラマや、インディペンデント映画にも出演するなど、活躍の幅が広い。現在はニューヨークを拠点とし、ミュージカルやワークショップの活動に加えて、パーソナルトレーナーやランニングトレーナーとしての活動にも精力的に取り組んでいる。「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2015」では『美女と野獣』のガストン役を演じ、力強いテノールと、役さながらのパフォーマンスが話題を呼んだ。


パトリック・ブレイディ/Patrick Brady

ニューヨーク州やメイン州などの数々の劇場において、『レ・ミゼラブル』(フイイ役)、『タイタス・アンドロニカス』(マーカス役)、『十二夜』(フェステ役)、『イントゥ・ザ・ウッズ』(パン屋役)、『モダン・ミリー』(チン・ホー役)、『キャバレー』(MC役)などに出演し、主要な役を務めた。『世界が我が家』で来日し、日本でパフォーマンスを行ったこともある。「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2015」に出演。『美女と野獣』のル・フウ役でのコミカルな演技と、東京ディズニーランド®「ワンス・アポン・ア・タイム」の伸びやかでピュアな独唱でみせたギャップが、日本のファンの心を掴んだ。


カレン・エストラーダ/Karen Estrada

ウィスコンシン州を拠点に、ミュージカルにとどまらず数多くの演劇作品や即興劇、寸劇に出演。主な出演作品は『赤鼻のトナカイ』(クロース夫人)、『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ~日曜日にジョージと公園で~』(フリーダ役)、『スーシカル』など。観る人を惹きつける、抜群の演技力の持ち主。2013年のディズニー・オン・クラシックでは『リトル・マーメイド』のアースラ役、2015年には『美女と野獣』のポット夫人役を演じ、時には迫力あるヴィランズのパフォーマンス、時には優しく温かく包み込むような歌声で、観客を沸かせた。


ケイラ・ロイ/Kalya Roy

イリノイ州やインディアナ州の劇場を中心に、『マクベス』、『メリリー・ウィー・ロール・アロング』、『スイート・チャリティ』、『All Shook Up』などのミュージカルに出演したのち、ディズニー・クルーズ・ラインのクルーズ客船にて、「ディズニー・ドリーム」のアン・マリー役、「ゴールデン・ミッキー」の白雪姫役、「トイ・ストーリー・ミュージカル」のアンディ役など、2年間にわたり多くのエンターテイメントショーに出演。2015年7月に台湾とシンガポールで開催されたディズニー・オン・クラシック海外公演「Disney on CLASSIC~ASIA TOUR 2015」では、『リトル・マーメイド』アリエル役などを好演。「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2015」に『美女と野獣』のベル役として出演。伸びやかで、可憐な歌声が称賛を浴びた。


トリシア・タンガイ/Tricia Tanguy

ニューヨーク、オフ・ブロードウェイの『The Marvelous Wonderettes』に現在も出演中。『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』(ナレーター役)、『シスター・アクト(天使にラブ・ソングを)』、『キャッツ』(グリザベラ役)、『プロデューサーズ』(ホールドミー・タッチミー役)など数々の全米ツアーに主要キャストとして参加。地方公演では、『ショウボート』(エリー役)、『ジキル&ハイド』(ルーシー役のアンダースタディ)、『美女と野獣』、『ファニー・ガール』、『メイム』、『ミュージカル・マン』などに出演し、豊富なステージ経験を持つ。
「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2016」では、『アナと雪の女王』のエルサ役として出演。圧倒的な歌唱力を披露し、観客を感動させた。


ダニエル・ボーウェン/Danielle Bowen

カリフォルニア州出身。サンフランシスコやボストンをはじめとする米国各地の劇場で、『オズの魔法使い』のドロシー役、『メリリー・ウィー・ロール・アロング』のベス役、『All Shook Up』のナタリー役、『春のめざめ』のベンドラ役、『Ordinary Days』のクレア役など多くの主要な役で出演。また、サンフランシスコで行われた、マーヴィン・ハムリッシュのトリビュート・ガラ・コンサートでソリストを務めた経験を持つ。一方で、ボストン・チルドレンズ・シアターのインストラクターとして、子どもたちの演技指導にも力を入れている。本公演で初来日を果たす。

オーケストラ

THE ORCHESTRA JAPAN

2015年春、「ディズニー・オン・クラシック〜春の音楽祭」にてデビュー。「オリンピックコンサート」、「ディズニー・オン・クラシック〜まほうの夜の音楽会」、「ピクサー・イン・コンサート」、「渡辺俊幸 PRESENTS ザ・シンフォニック・ソール」、「ディズニー・オン・クラシック〜春の音楽祭2016」など、創立2年間で約130公演に出演し、ほぼ全公演が完売となった。その演奏は、NHK、WOWOW、TBS-CSなどで広く放映されている。新進気鋭の若手から重鎮まで国内外から演奏家が集まり、伝統的な枠組みにとらわれないパフォーマンスと音楽への情熱をひたむきに表現する姿勢と演奏で大反響をよぶ。今後ディズニー・オン・クラシックをはじめ、クラシックコンサート、教育プログラム、多分野との様々なコラボレーションなどが予定されている。いま最も熱い注目のオーケストラ。


THE ORCHESTRA JAPAN コンサートマスター:
青木高志

桐朋学園大学卒業。ヴァイオリンを江藤俊哉氏に師事。第57回日本音楽コンクール入選。1990年より東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターとして活躍した他、モルゴーア・クァルテット、紀尾井シンフォニエッタのメンバーとしても活動を行った。
また1998年より1年間アフィニス文化財団海外研修員としてウィーンに留学、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター、ライナー・ホーネック氏に師事。
2002年より「ディズニー・オン・クラシック」コンサートマスターとして活躍し、ディズニーレコードより「ディズニー・オン・クラシック〜ラブ&バラード アコースティック・セレクション」をリリース。
2015年より、THE ORCHESTRA JAPAN コンサートマスターとして活動を開始すると共に、国立音楽大学准教授として後進の指導にも力を注いでいる。


ゲスト・コンサートマスター:
福崎 雄也 Yuya Fukuzaki

東京藝術大学大学院修士課程修了。ヴァイオリンを篠崎永育、篠崎史紀、景山誠治、澤和樹、山口裕之の各氏に師事。2000年、九州交響楽団と共演。2010年、藝大からの推薦で京都音楽フェスティバルでコンサートマスターを務める。
2011年より東京藝術大学非常勤講師として東京藝術大学管弦楽研究部に所属。同時に響ホール室内合奏団アシスタントコンサートマスター(2016年からコンサートマスター)としても活動を始める。
2012年サントリーホール室内楽アカデミー内にて結成されたクァルテット・セレシアで選抜メンバーとして演奏、また2014年にはラデク・バボラークやパシフィカクァルテットと共演。
2016年、「ディズニー・オン・クラシック 〜春の音楽祭 2016」でゲストコンサートマスターを務める傍ら、後進の指導にも力を注いでいる。

ナビゲーター

麻生かほ里

女優、声優。ディズニーでは映画『アラジン』でジャスミンの日本語版キャラクターボイスを担当。

※出演者・曲目等が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。

THE ORCHESTRA JAPAN コンサートマスター:青木高志

<出演・6公演>

5月25日(木)19:00【プログラムA】
5月27日(土)14:00【プログラムA】
5月28日(日)14:00【プログラムA】
6月1日(木)14:00【プログラムB】
6月2日(金)14:00【プログラムA】
6月3日(土)19:00【プログラムA】

ゲスト・コンサートマスター:福崎雄也

<出演・5公演>

5月26日(金)19:00【プログラムB】
5月27日(土)19:00【プログラムB】
5月31日(水)19:00【プログラムA】
6月3日(土)14:00【プログラムB】
6月4日(日)14:00【プログラムB】

おすすめミュージック

おすすめチケット