キャスト

バラエティ豊かなキャストの歌とパフォーマンスに加え、スペシャル・ゲストも登場決定!

キャスト

高畑充希 Mitsuki Takahata
アリエル役

1991年12月14日生まれ 大阪府出身。
2005年、山口百恵トリビュートミュージカル『プレイバック Part2~屋上の天使』主役オーディションでグランプリを獲得。同舞台でデビューを飾る。以降、舞台から映像まで幅広い作品で活躍。2007~2012年まで、舞台『ピーターパン』で8代目ピーターパンを務めた。
2013年、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』に出演し、演技力と歌唱力を併せ持つ女優として注目を集める。2016年放送のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』ではヒロイン・小橋常子を務めた。2017年は舞台『エレクトラ』、ドラマ『過保護のカホコ』に出演。今後は映画『泥棒役者』(11月18日公開) 映画『DESTINY鎌倉ものがたり』(12月9日公開)が待機中。


井上芳雄 Yoshio Inoue
エリック王子役

福岡県福岡市出身。東京藝術大学音楽学部声楽科在学中の2000年にミュージカル『エリザべート』で鮮烈なデビューを果たす。以降『モーツァルト!』『グレート・ギャツビー』などのミュージカルほか、ストレート作品にも出演多数。NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」、TBS「小さな巨人」に出演するなど活躍の場を拡げている。
2015年、2016年とオールディズニープログラムによる「井上芳雄 シングス・ディズニー」を実施。2017年にはケリー・オハラ、マシュー・モリソン、濱田めぐみと共に日本初のトニー賞公認ミュージカル・コンサートを成功させ、またイディナ・メンゼル東京公演にスペシャルゲストとして出演するなど海外アーティストとの共演もある。
第63回芸術選奨文部科学大臣新人賞演劇部門他、多数受賞。
2017年10月4日に初のシングルCD『風のオリヴァストロ』を発売。
2018年には舞台『黒蜥蜴』、『1984』などの出演を控えている。


KREVA
セバスチャン役

KICK THE CAN CREW 活動休止後、2004年9月08日(クレバの日)、シングル「音色」でソロメジャーソロデビュー。
活動の軌跡には常に“HIP HOPソロアーティスト「初」”という肩書きがつく。
2ndアルバム「愛・自分博」でHIP HOPソロアーティストとして史上初のオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。リリースされる楽曲は常にチャート上位にランクイン。9月08日は”クレバの日”と日本記念日協会に正式認定される。毎年「908 FESTIVAL」を開催。これまでに23枚のシングル、今年2月1日には7枚目のオリジナルアルバム「嘘と煩悩」をリリースし、全国ツアー KREVA CONCERT TOUR 2017「TOTAL 908」も開催。
常に新しいことへ挑み続ける、HIP HOPシーンのみならず、日本の音楽界最重要人物のひとり。


斉藤 慎二 Shinji Saito
シェフ・ルイ役

1982年10月26日、千葉県八千代市出身。血液型O型
桐朋学園芸術短期大学、文学座附属演劇研究所(43期)を経て、NSC東京校に入学。
2006年、同校同期の太田博久、おたけとお笑いトリオ ジャングルポケットを結成。
コントNo.1を決める大会「キングオブコント」では、2015年から3年連続で決勝に進出。2016年大会では準優勝。
(代表番組)
・テレビ東京「ウイニング競馬」(レギュラー MC)
・テレビ東京「一夜づけ」(レギュラー出演)
・NHK Eテレ「できたできたできた」
・日本テレビ「エンタの神様」


マルシア Marcia
アースラ役

1989年に「ふりむけばヨコハマ」でメジャーデビュー、同年の「日本レコード大賞 最優秀新人賞」受賞し、翌年にはNHK紅白歌合戦に初出場を果たす。
今年でデビュー30周年を迎え、現在はコンサート「マルシア・コンサート〜愛する歌とともに〜」を全国各地で開催し、音楽番組にも多数出演中。
また舞台女優としても、2001年にブロードウェイミュージカル「ジキル&ハイド」で初舞台を踏み、同作で「文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞」・「菊田一夫演劇賞」などを受賞。
その後、「イン・ザ・ハイツ」「ファントム ーオペラ座の怪人の真実ー」など数々の話題作に出演している。


岡幸二郎 Kojiro Oka
トリトン王役

大学で中国語を専攻の後、劇団四季のメンバーに。
1994年「レ・ミゼラブル」のアンジョルラス役で日本ミュージカル界に鮮烈な印象を残し、それ以降は数々の作品に出演し様々なキャラクターを演じる。
舞台のみならず、映像やコンサート、トークショー等活躍の場は広い。
主な出演作品として「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」「オペラ座の怪人」「1789〜バスティーユの恋人たち〜」「ロミオ&ジュリエット」他多数。
CD:「Best of Musical」「I am what I am」(共に日本コロムビア)。


綿引 さやか Sayaka Watabiki
アクァータ役 (アリエルの姉)

2013年『レ・ミゼラブル』にてアンサンブルからエポニーヌ役に抜擢。主な出演作に『サウンドオブミュージック』 『KREVAの新しい音楽劇』『ジャージー・ボーイズ』『リトルマーメイド』『Beautiful』『ソング&ダンス65』等、多数。他、ラジオパーソナリティや『フレンズ・オブ・ディズニー・コンサート』『908 FESTIVAL』など、幅広く活動。
2018年9月には『ジャージー・ボーイズ』への出演も決定し、さらなる活躍が期待される女優のひとり。

スペシャルゲスト

ゲスト・パフォーマンス
アラン・メンケン Alan Menken

ディズニー音楽の巨匠、アラン・メンケンが登場し、自ら生み出した『リトル・マーメイド』、『美女と野獣』、『アラジン』など数々の名曲を、ピアノの弾き語りでお届けする豪華パフォーマンス!

『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『アラジン』『塔の上のラプンツェル』『ポカホンタス』『ノートルダムの鐘』など数々の名曲を生み出し、アカデミー賞®8度受賞を誇る、“ディズニー・レジェンド”の一人。
自身が初めてアカデミー賞を受賞した『リトル・マーメイド』(作曲賞・主題歌賞)のフィルム・コンサートへの出演にあたり、トークやピアノ演奏、歌を交えたスペシャル・ステージを披露する。


オリジナル・キャスト
ジョディ・ベンソン Jodi Benson

『リトル・マーメイド』の主人公アリエルのオリジナル・キャストを務めた歌姫ジョディ・ベンソンが、あのプリンセス・ヴォイスを披露!

1989年公開の映画『リトル・マーメイド』で主人公アリエル役を演じ、その後も続編のテレビアニメや、ゲーム、テーマパークのアトラクションでも継続してアリエルの声を演じており、2011年に“ディズニー・レジェンド”を受賞。
ブロードウェイでも活躍し、1992年にトニー『クレイジー・フォー・ユー』で、トニー賞最優秀主演女優賞にノミネートされた。
日本の観衆にその歌声を披露するのは、2002年に出演した「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会」以来、16年ぶりとなる。

指揮

スペシャル・コンダクター
マイケル・コザリン Michael Kosarin

ブロードウェイ版『リトルマーメイド』、『アラジン』や実写版映画『美女と野獣』などの音楽監督&アレンジを務めたマイケル・コザリンが、オーケストラの指揮を執る。

オーケストラ

THE ORCHESTRA JAPAN

2015年春、「ディズニー・オン・クラシック ~春の音楽祭」にてデビュー。
「オリンピックコンサート」、「ディズニー・オン・クラシック〜まほうの夜の音楽会」、「ピクサー・イン・コンサート」、「渡辺俊幸 PRESENTS ザ・シンフォニック・ソール」、「『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』フィルム∞オーケストラ」など、創立2年間で約130公演に出演し、ほぼ全公演が完売となった。その演奏は、NHK、WOWOW、TBS-CSなどで広く放映されている。
新進気鋭の若手から重鎮まで国内外から演奏家が集まり、伝統的な枠組みにとらわれないパフォーマンスと音楽への情熱をひたむきに表現する姿勢と演奏で大反響をよぶ。
今後ディズニー・オン・クラシックをはじめ、クラシックコンサート、教育プログラム、多分野との様々なコラボレーションなどが予定されている。いま最も熱い注目のオーケストラ。

ナビゲーター

ささきフランチェスコ

ラジオのDJを始め、モータースポーツコメンテート(二輪、四輪)や、「SUZUKI」「MAZDA」「ツムラ」「イオンモール」などのCM、TVや美術館展示をはじめとするナレーションなど幅広く活動。時に応じて表現する優しさや、滑稽さ、重厚感など柔軟に対応できる声には定評がある。
ディズニー・オン・クラシックのナビゲートは今年で10回目となり、観客を夢の国へと誘うナビゲーターとして躍進している。
また、2011年の東日本大震災の発生以降、【Remember TOHOKU Network -鷹山会-】を立ち上げ、東日本大震災で被災した地域への支援活動を続けている。

バラエティ豊かなキャストが集結!今後も続々発表予定!

おすすめライブイベント